So-net無料ブログ作成
画像 人気避妊記事7
1☆ ペッサリーの使い方と入手方法
2☆ 「避妊リング」装着の痛み
3☆ 女性用避妊具
4★ 自分1人で避妊リングって本当?
5★ 避妊フィルムマイルーラ 上手な使い方

● 避妊はいつまですれば? ●  薬物添加IUSミレーナ ●

妊娠してしまったら 女の病気 中絶 きんきゅうひにんぴる 婦人の病気 妊娠するには 効果 妊娠の方法 婦人 病気 妊娠しやすい薬 妊娠しやすくな 方法 生理日 こんドーム コン ドーム 女性の医学 妊娠する方法 女の医学 にんしん 安全日 女の生理 生理日予想 生理日予測 月経日予測 妊娠のしかた にんしん危険日 安全日 予測 生理日予測サイト 妊娠する日 じょせいのからだ 危険日とは いつ 安全日に妊娠 妊娠危険日予測 女性のカラダ 子供 できやすい

避妊はいつまですればいいの?  [避妊について]

■ 避妊はいつまで?
 

避妊事情は、年代や立場によって、異なるものです。
経済的な都合があったり、カップルによって避妊方法も違いますが、年齢を重ねても避妊が必要というのは、それだけアツアツな関係でいる証拠。いくつになっても、仲良くすごしていきたいものですね。

そこで今回は、避妊の方法ではなく、終了のタイミングについてお話します。
避妊はいつまで必要なのでしょうか?

人間は、その気さえあれば、いくつになってもセックスが可能です。もちろん、男女双方ともに、それを受け入れる状態にあることが条件です。

閉経するということは、卵子が排出が終わったということ。普通、避妊をしなくてもいいということは、女性の生理が終了したことをいいます。

「妊娠する可能性は無くなったのだから、避妊しないでセックスしてもいい」

そのように判断するのは当然でしょう。
しかし、「閉経したから妊娠しない」 というのは絶対ではないようです。


これは知り合いのお友達に聞いたお話です。

50歳で生理が来なくなったので、セックスでの避妊をやめました。ところが、52歳の時に体に変化が表れました。「おかしいな」と、ずっと様子を見ていたのですが、じつはそれが妊娠だったそうです。発覚したときには、もう遅く、中絶の時期を越えていました。仕方なくそのまま産んだそうです。53歳での出産・育児は大変どころでないようです。

年齢が高くなると、生理不順の頻度が高くなる人がいます。生理が来ない月が、変則的に起こるのです。

「3ヶ月きてない。もう閉経かな」

そのまま、閉経となることもありますが、また始まったりすろこともあります。
そうした中での、避妊は面倒です。いつまで、避妊を続けなければいけないでしょう。


■ 閉経とは、排卵が終わったということ

一応、43歳以上で最終月経から1年経っても生理がなければ「閉経」とされています。

国際産婦人科連盟では、月経が乱れてから閉経になるまでの期間を「更年期」としています。正しくは、「更年期とは性的成熟状態から、卵巣機能が完全に消失するまでの期間」です。最近の日本の女性ならば、42歳ころから56歳ころのまでの5年間ですね。

「閉経です」という確定診断を下せるような検査方法はありません。採血してFSH、LH、E2のホルモン値を調べて「閉経でしょう」という基準はあります。



■ 閉経後の妊娠

閉経したのに妊娠するのは、「セックスによってホルモンが刺激され、止まっていた生理が再開した」のではありません。閉経したと思っていたけれど、それが間違っていたということです。

生理が終了してから、半年くらいで、また生理が起こったという話はよくあります。これは、再始動ではなく、終了していなかっただけです。排卵障害が起こっていて「無排卵」の状態だったということです。

判断を慌てると問題が生まれます。中高年の堕胎が意外と多いのは、閉経だと思い込むこと。避妊しないで妊娠するというパターンです。

判断期間は「1年間」が目安とされています。
最終的な生理から、最低1年の間は、避妊を続けてください。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

愛があれば避妊はいらない?  [避妊について]

■ 愛があれば避妊はいらない?


現代は少子高齢化の時代です。避妊にもカップル事情があり、するしないでもめるのはどこにでもあること。

 子供がほしいけどなかなか妊娠しない。
 セックスはしたいけど子供はいらない。

なかなか、思うようにはいかないようです。
避妊が大切なのはいうまでもないのですが、年代によって意識に差があるようです。情報化社会にもかかわらず、いまだ迷信めいた避妊法に踊らされる人がいるのには驚きです。避妊に失敗するということは妊娠にいたるということ。子供を育てる覚悟があれば産むことでできるでしょうが、そうでないなら中絶という手段しかありません。

避妊に失敗したり、そもそも避妊すという概念すらないまま妊娠し、最悪の結末に陥る女性が後を断たないのは、人間の業のせでしょうか。


中絶に至る事情はさまざまですが世代ごとの特徴があります。

・10~20代
 この世代は避妊に無頓着な人が多いようです。昔よりも開放的で性の知識は集めるのに、避妊に関しては運頼みに近い。妊娠する可能性を考えてないのです。学生なのでお金がないという事情のせいなのかどうか、スマホ通信代や代カラオケ代はあってもコンドーム代はないようです。まったく避妊をしないか、確率の低い「リズム法」をあてにして避妊に失敗するようです。

・20~30代
 結婚して家庭をもつか、仕事で頑張るか、もしくは両方を手にしてるか。家族観や仕事観の分かれる世代です。
 子供が欲しいけど暮らしがたいへん。または、まだ子供はいらない。などと夫婦間でもめる世代でもあります。夫婦でもおつきあいのカップルでも、コンドーム主体の避妊が多いのでしょう。破れたり装着ミスなどの失敗から妊娠にいたることも間々あります。

・40代以上
 子育てが一段落して、趣味でも楽しもうかという矢先に妊娠。セックス回数の減少にあわせるように避妊のほうも気が緩んで、久しぶりの行為で思わぬ妊娠ということがあります。子の年令はこれからお金がかかる世代。子供の大学進学の、年老いてきた親の世話。体力的には下降してきており、ユトリがなくなっていく年令です。



母体に負担がのしかかる中絶は、お金の負担も大きいです。産むに産めない二人にとって最後の選択肢です。できれば、こんな不幸な結末に至らないよう、避妊だけはしっかりやっておいてください。


費用は、初期なら10~18万円。中期(21~22週)は30~50万円。こんなにかかるのです。

共通テーマ:恋愛・結婚
妊娠中絶 費用 手術 産婦人科 人工 中絶薬 中絶病院
IDU 薬物添加IUS ミレーナ 避妊 避妊 失敗 避妊方法 避妊具 ピル プラノバール 避妊薬 リング 避妊手術 緊急避妊 ルナベル 花田美恵子 江戸時代 排卵日 避妊しない 避妊しない男 避妊率 ソフィアa 低用量ピル 基礎体温 避妊ゼリー 五輪 避妊 避妊器具 避妊手術 犬 危険日風疹 予防接種 40代 プラノバール 避妊の仕方 花魁 避妊治療 夫婦 高校生 避妊 周期 避妊 確率 ゴム 避妊用ピル 確実な避妊 男性 昔 女性 女性の避妊 産婦人科 避妊のススメ 夫婦生活 避妊してくれない 避妊したのに妊娠 昔の避妊 避妊とは 更年期 カトリック 正しい避妊 トイプードル 江戸時代の避妊 プレマリン 市販 事後避妊 避妊パッチ 風疹 風疹ワクチン 低用量ピル ソトガスキ 英語 おおかみこどもの雨と雪 避妊 ネコ 避妊 排卵検査薬 避妊 平安時代 避妊 避妊薬 ピル 避妊日 子宮頸がん 避妊 アメリカ 子猫 選手村 費用 iud 排卵日 計算 中学生 避妊しない彼氏 麻疹 予防接種 避妊ジェル 女郎 道具 避妊 時期 コーラ
スプレッドが低いFX会社