So-net無料ブログ作成
検索選択
画像 人気避妊記事7
1☆ ペッサリーの使い方と入手方法
2☆ 「避妊リング」装着の痛み
3☆ 女性用避妊具
4★ 自分1人で避妊リングって本当?
5★ 避妊フィルムマイルーラ 上手な使い方

● 避妊はいつまですれば? ●  薬物添加IUSミレーナ ●

妊娠してしまったら 女の病気 中絶 きんきゅうひにんぴる 婦人の病気 妊娠するには 効果 妊娠の方法 婦人 病気 妊娠しやすい薬 妊娠しやすくな 方法 生理日 こんドーム コン ドーム 女性の医学 妊娠する方法 女の医学 にんしん 安全日 女の生理 生理日予想 生理日予測 月経日予測 妊娠のしかた にんしん危険日 安全日 予測 生理日予測サイト 妊娠する日 じょせいのからだ 危険日とは いつ 安全日に妊娠 妊娠危険日予測 女性のカラダ 子供 できやすい
女性用避妊具 ブログトップ
前の5件 | -

女性用液体コンドームとは?  [女性用避妊具]

■ 女性用液体コンドームとは?


避妊具の代表といえばコンドームですが、効果はそれなりですが、女性主導の避妊ではありません。
男性まかせにしたくないなら、ピルやIUSなどを使うことになります。

そういう中に登場しているのが、中国製液体殺精子剤。俗に「液体コンドーム」と呼ばれていて、商品によっては「女性用液体コンドーム」と銘打ってる場合もあります


名前は「避妊」となっていますが、避妊効果は「?」です。
使われている成分には、界面活性剤(殺精子剤)や殺菌剤などが含まれています。界面活性剤で精子を不能にするのは良いのです。問題は、後者の「殺菌剤」です。

名前からすると菌に対処できそうですが、その程度では性病は防げません。
例えば最も恐ろしいHIVはウイルス。なので殺菌剤は全く効きません。
逆に、正常な膣にそのような薬剤を使用する副作用のほうが心配になります。

日本であれば、効果や安全性に厳しい基準を求められます。危険な薬剤として、認可が下りることはないでしょう。


海外からの食輸入だから、手に入るのですが、そんな物に頼るのは危険としかいえません。
ネットで薬剤の輸入代行を行っている業者は品質の保証などは一切行いません。
あくまでも「輸入」を「代行」しているだけであり、お金になるからやっているだけ。偽物だろうが違法で危険な薬物だろうが、平気で輸入代行を行います。文面をそのまま利用するので、裏づけすらとらないでしょう。


確実な避妊を希望するならピルを使うべき。
性病予防を優先するなら、コンドームが一番。
同じ代行輸入なら、アメリカ製のピルのほうが1000倍安全です。
潤滑の感覚が好きならば、ドラッグストアやAMAZONでカンタンに手に入るローションやゼリーがあります。

怪しい薬剤に手を出し、なりたくもない健康被害を受けないようにしてください。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

最高に使いやすい避妊フィルム どこで買うの?  [女性用避妊具]

女性が、自身で行う避妊は、あまり多くはありません。
卵巣を縛る手術やIUDというのは、身体に負担をかけます。


「ピル」
「ゼリー」
「コンドーム」
「フィルム」

こうした方法が、身体に負担をかけない避妊となっています。
ただ、現実に入手しやすいのは、コンドームかゼリーくらいです。


・ピル

ピルを正式に手に入れるには、医者の処方箋が必要。
もっともネットで購入するのはカンタンですが、男性の反応が微妙だったりします。

「 あたし、ピルを飲んでるの 」

そう言ったとたんに、女性への評価が下がります。

「 こいつ、ヤリ○ンだ! 」

そう思ってしまう男性が多いのです。
だから、実際に飲んでいる人は、明かすタイミングを心得てください。


・コンドーム

 コンドームは正しく使えば避妊率90%を誇る避妊具です。国内の避妊は「ほぼこれしか認められていないのでは?」と思えるほど、どこでも買えます。

 入手のカンタンさはダントツですが、男性用の避妊具であることは否めません。男性に対して、被せることができる女性は、ほとんどいないでしょう。「使って!」と口に出せるまでには、それなりの経験がないと難しいですね。


・ゼリー

 女性が、予め、自分の中に入れておく避妊方法です。精子の動きを止めてしまうので、正しく行えば、コンドーム並みに高い避妊成功率をもちます。ゼリーの容器が、そこそこ目立つので、使うタイミングがやや難しいのが欠点です。入手は比較的簡単です。


・フィルム

避妊ゼリーを薄いフィルム状にしたものです。ゼリーとは違って、フィルムという「固形状」になってます。これを4つ折とか8つ折にして、女性の中に挿入します。フィルムは、塗れると溶けてゼリー状に変化。これで精子を止めるわけです。溶けるまでが約5分。持続時間は60分ほど。避妊率は80%とも。

利点は、なんといっても女性が使いやすいところ。

フィルムの入れ物は薄いので、どこかに忍ばせておくのがカンタンですが、そんなことをしなくても大丈夫な持続時間があります。余裕をもった準備ができるということです。

もっとも、時間が長くかかったときのために、予備の準備は必要かもしれません。

そっと、封を切って取り出して使います。
前戯のひとつとして、男性に挿入してもらってもいいかもしれませんね。


フィルムは、薬局で普通に買えた時期もあったのですが、80%という避妊成功率がやや微妙なためか、国内では販売が禁止されてしまいました。現在は、ネットで購入することになります。

私が好んで使っていたのが、このフィルムです。
男性は避妊というか、「コンドーム」を嫌がりますしね。

その点、フィルムであれば、自然のままでつなることができます。
個人的には、一度も失敗したことがありませんし、良い雰囲気で使用することができました。


オススメです。

VCF(避妊フィルム/マイルーラ米国版)


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

自分でできる避妊リングがあるって本当?  [女性用避妊具]

避妊といえば、コンドームかピルがイメージされますね。

コンドームは、男性主体の避妊。
感触が損なわれることから、嫌がる男性が多いという大きな弱点がありいます。避妊率そのものも、決して高いとはいえません。避妊アイテムではあるものの、むしろ感染症対策としての有能さが取りざたされてます。

いっぽうのピルは、女性主体の避妊法。
毎日、欠かさず飲むことで、避妊ができるのです。デメリットは飲み忘れる可能性があること。毎日必ず飲むことで効果があるものなので、一度の飲み忘れもアウト。「几帳面さ」に自信の無い人は、他の避妊と併用することをオススメします。

ピルを正式に入手しようとすれば、婦人科で処方してもらうことになってますが、いまは、ネットの「海外取り寄せ」というシステムでカンタンに購入可能です。


避妊率はピルの方が断然高いですが、どちらとも、長短あるのは否めません。
そこで、ピルを飲まなくても、ピル並みの避妊率をほこるのが・・・

      IUD(避妊リング)

IUDは、膣の中に器具を入れて避妊する方法です。婦人科で処置してもらわないといけませんが、避妊期間がとっても長いというメリットがあります。一度の装着で、2~5年の間、ずっと避妊可能です。ズボラやルーズに自信のある人にとって、打ってつけの避妊といえますね。

ただし、デメリットもあります。


さっきも言ったように、病院へ行かないとならない点。
そして、保険が適用できないので、価格が高いという点。
人によっては、装着や外すときに、かなりの痛みを伴う点。

この3つです

料金ですが、病院によっては、80,000円もかかると言いますから、便利さと出費を天秤にかけて、メリットが大きい判断した人が使っているようです。

そんなIUDですが、実は、もっと手近に使えるタイプもあるのです。


■ カンタンIUD いよいよ上陸?



Nuvaringって、知ってますか?
IUD(避妊リング)の一種で、「ヌーバリング」と読みます。

海外ではすでに一般的なようで、ドイツでは主婦などがIUD(nuvaring)の話しを普通にしているようです。そんなことから、日本人の女性も、海外赴任中に使っているようですが、日本では認可されていないので、入手できません。

ヌーバリングが、なぜカンタンなのかというと、IUDのクセに、病院へ行く必用がありません。わざわざ処置してもらわなくても、膣に自分で挿入できるのです。それでいながら、ピルのように避妊の効果が持続します。毎日飲む必要も無いのが、とても便利です。


どういう仕組みなのかでしょうか?

ヌーバリングは、膣内で低用量のホルモンを持続的に放出、妊娠を防ようになってます。正しく使用すれば、98%効果的であるといわれてます。装着後など、膣内での違和感もありません。

ただし、普通のIUDと違うのは期限が短いこと。
装着後、3週間ほどで避妊効果が消滅します。その後、1週間空けてから新しいのを挿入します。つまり、月に1回は、入れなおす必用があるということです。

使用する頻度みてみれば、コンドームはその都度だし、ピルは毎日です。
「ヌーバリング」は月に1度だけなので、面倒くさがりな人に向いてるといえますね。


 ↓もっと詳しく↓


避妊リング・ヌーバリング(Nuvaring)
(口コミもあります)


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

「避妊リング」装着の痛み  [女性用避妊具]

■ 「避妊リング」装着の痛み


以前にもお話しましたが、今回は「避妊リング」です。

避妊リングというのは、実はリングではありません。
これ、子宮内に装着して妊娠しないようにする小さな避妊用具なんですが、昔は「リング状」だったんです。

それで、リングと呼ばれていたんですが、正確には「子宮内避妊用具(intrauterine device)」。
これを略して「IUD」といいます。

一般的に使われているIUDは、T字型をしています。最近のタイプは銅が付加されているので、避妊率はさらに高まっています。すでにリング状ではありません。このページでは、IUDといったりリングと言ったりしますので、混乱しないでくださいね。

「銅が付加されている」と言いましたが、「IUD」は2種類あります。魚の骨のような形をしたプラスチック製の物と、プラスチックに銅線が巻いてあるものです。この「銅線が巻いてあるものの方」が新し、避妊率はより高いといわれています。

「IUD」は、授乳中でも使用できます。
一度装着すると、2~5年の避妊効果が続きます。この2つがメリットですね。

メリットがあるぶんデメリットも存在します。医師による、装着・除去が必要となります。個人で装着できる物ではないし、当然ながら市販品もありません。また、人によっては月経量が増えたりします。


始めて、IUDを子宮に入れるときは、誰もが不安になるものです。お腹の中に異物を入れるわけですからね。怖くなるのは当たり前です。相当痛いのでしょうか?

結論からいいますと、個人差があります。


やり方は、子宮にセットするのですが、これ、思いのほか細いモノです。ストローぐらいの細さの筒の中にIUDをセットして、子宮口に筒を通します。IUD本体のみを子宮に置いて筒だけ取り除きます。子宮口に通すといった感じですね。

時間は数分。入院はしません。


痛みについて数人の感想ですが、「痛みがきつかった」という人もいれば、「楽勝」といいう人もいます。痛いという人は、「ぐりぐりとした陣痛のような痛み」があったそうです。

入れてしまえば痛みはありません。違和感が数日続くこともあるようですが、その後は消えてなくなります。

出産経験によって、痛みや違和感に差があると思ってしまいますが、それも体質だそうです。出産経験があっても痛い人は痛く、経験がない人でも、痛くない人は痛くありません。

避妊率は98%。
非常に高いのですが、それでも100%ではありません。実際、年に何組ものカップルが妊娠します。装着したままだと、流産の可能性が高く(54.1%)なります。出産を望むなら医師の手で外してもらいましょう。


ところで、このリングですが、癒着防止にも使います。
子宮筋腫で手術したあとに、術後の癒着を防ぐために、一時的に挿入するんです。経過が安定すれば、外すのですが、この外す一瞬がかなり痛いらしい。。。。



さて。
そうした医者にかかる必要のあるリングですが、じつは海外では、女性が自分で装着できるリングもあるそうです。こちらは期間は短いのですが、とくに痛みはないとか。入れるのも出すのも、比較的簡単だそうです。

こちらの記事をどうぞ >自分でできる避妊リングがあるって本当?





トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

妊娠パッチ エブラの使い方  [女性用避妊具]

「避妊パッチ」は、わりと最新の避妊具です。

皮膚に貼るだけで、避妊ができてしまうというお手軽タイプ。
「貼るだけのピル」と言っていいでしょう。

本当に、貼るだけで避妊になるの?

「避妊パッチ」には、低量のエストロゲンとプロゲスチンが塗布されています。これは、低用量ピルと同じ成分。貼り付けると、この避妊の成分が体内に浸透して、効果を発揮するのです。

これまでのピルは、毎日、欠かさず飲み続けなければなりませんでした。ピルはメンドウな薬で、継続しないと、効果がなくなります。1日でも飲むべき日を忘れると、避妊できなくなるのです。「避妊パッチ」は貼るだけです。飲み忘れるなんてこともありません。

飲むピルよりも、ずっとカンタンです。

毎日貼る必要もありません。
1週間に1度だけ、貼り替えれば良いです。

では、具体的には、どうすればいいのでしょうか?

● 初めての場合
 最初の1枚目は生理を狙います。
 生理が始まって24時間以内に、
 下腹部・お尻・上半身(乳房以外)のどこかに貼るんです。

● 2枚目の場合
 2枚目は、1枚目から1週間経過した後に貼ります。
 古いパッチをはがして、新しい避妊パッチに貼り替えます。

● 3枚目の場合
 3週間(3枚)繰り返して終わります。


3週間(3枚)使用した後は、1週間お休みします。貼るのをやめるのです。一旦、停止することによって生理を起こさせます。

便利なアイテムですが、注意点もあります。パッチを貼った部位に、肌荒れを起こす事もあるんです。できるなら、そのつど貼り替える場所を変えたほうがいいでしょうね。


「避妊パッチ」には、どんな種類があるのでしょう。また、どこで入手できるのでしょうか。 日本国内では「オーソ・エブラ」と「エブラ」が入手可能です。AMAZONなど、ネットから買うことができます。

個人で買う場合の扱いは「個人輸入」になりますが、感覚的には「買う」でいいでしょう。

このリンクからも見つけることができます。

クリック↓

127 避妊パッチ【エブラ(1ヶ月分)】避妊 EVRA 海外直送品

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の5件 | - 女性用避妊具 ブログトップ
妊娠中絶 費用 手術 産婦人科 人工 中絶薬 中絶病院
IDU 薬物添加IUS ミレーナ 避妊 避妊 失敗 避妊方法 避妊具 ピル プラノバール 避妊薬 リング 避妊手術 緊急避妊 ルナベル 花田美恵子 江戸時代 排卵日 避妊しない 避妊しない男 避妊率 ソフィアa 低用量ピル 基礎体温 避妊ゼリー 五輪 避妊 避妊器具 避妊手術 犬 危険日風疹 予防接種 40代 プラノバール 避妊の仕方 花魁 避妊治療 夫婦 高校生 避妊 周期 避妊 確率 ゴム 避妊用ピル 確実な避妊 男性 昔 女性 女性の避妊 産婦人科 避妊のススメ 夫婦生活 避妊してくれない 避妊したのに妊娠 昔の避妊 避妊とは 更年期 カトリック 正しい避妊 トイプードル 江戸時代の避妊 プレマリン 市販 事後避妊 避妊パッチ 風疹 風疹ワクチン 低用量ピル ソトガスキ 英語 おおかみこどもの雨と雪 避妊 ネコ 避妊 排卵検査薬 避妊 平安時代 避妊 避妊薬 ピル 避妊日 子宮頸がん 避妊 アメリカ 子猫 選手村 費用 iud 排卵日 計算 中学生 避妊しない彼氏 麻疹 予防接種 避妊ジェル 女郎 道具 避妊 時期 コーラ
スプレッドが低いFX会社