So-net無料ブログ作成

↓クリック↓
自身の悩みを克服した店長が開発した高品質の男性活力サプリ【FORCE】
画像 人気避妊記事7
1☆ ペッサリーの使い方と入手方法
2☆ 「避妊リング」装着の痛み
3☆ 女性用避妊具
4★ 自分1人で避妊リングって本当?
5★ 避妊フィルムマイルーラ 上手な使い方

● 避妊はいつまですれば? ●  薬物添加IUSミレーナ ●

妊娠してしまったら 女の病気 中絶 きんきゅうひにんぴる 婦人の病気 妊娠するには 効果 妊娠の方法 婦人 病気 妊娠しやすい薬 妊娠しやすくな 方法 生理日 こんドーム コン ドーム 女性の医学 妊娠する方法 女の医学 にんしん 安全日 女の生理 生理日予想 生理日予測 月経日予測 妊娠のしかた にんしん危険日 安全日 予測 生理日予測サイト 妊娠する日 じょせいのからだ 危険日とは いつ 安全日に妊娠 妊娠危険日予測 女性のカラダ 子供 できやすい

クイックコンドームは、使えるのか?  [避妊の方法]

日本の常識は世界の非常識といわれます。
日本と書いて「ガラパゴス」と読む国ですからね、非常識はいたるところに存在します。

避妊に関してもそうです。

日本では、市販で買えるのがコンドームですが、ドイツやフランスではピルが常識です。お隣の韓国ではIUD(避妊用リング)が、気軽に導入できるそうです。。

現在、研究されているのが、精子の受精能力を奪ってしまおうという避妊方法。「RISUG」という精子を壊すゲル状のポリマーを精管に注入するんですが、1回の注射で効果は10年ほど続くとか。

ここまでいくと、さすがに、やりすぎ感がありますけど。。。


コンドームに話を戻します。

海外には、「プロントコンドーム」というコンドームがあるそうです。
南アフリカを中心に、従来品と同等の価格で市販されているといいます。

たった1秒で装着できるというスグレモノのです。半分に割ったパッケージをあてがい、引き下ろすだけで装着が可能という。たった1秒ならが、セックスの最中に、どたばたしなくて済みそうですね。

日本では手に入らないのですが、これに近いコンドームがあります。

コレ↓



ポリウレタン製コンドームで、テープを引くだけ楽々装着できるといいます。

サガミオリジナルが、作ったものです。
「プロントコンドーム」を知ってか知らずか、評判が悪いですね。

買った人はクイックな装着ができず、結局、普通のコンドームとして使うようです。


アマゾン クリック↓
相模ゴム工業 サガミオリジナル クイック 6P


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

避妊のおまじないと卵管をくくる?  [避妊の方法]

■ 避妊のおまじない?


現代のように、子供ができる仕組みが解明されていなかった時代。
避妊にも、魔術めいた儀式があったようです。
魔術というよりも「おまじない」と言ったほうがしっくりきますね。
そのおまじないというのが、なんでも、粘土と月経血から、ビーズを作るのだとか。


 粘土に月経血を混ぜてビーズを作る。
 そのビーズに針で穴を開ける。
 手に握って「妊娠しないように」願う
 ビーズを安全なところに保管する
 後々妊娠したくなったら、ビーズを川か泉に投げ入れて溶かす。


医学の進んだ時代にすむ私たちからみれば、じつに可愛らしい儀式ですね。
でも、1人ひっそり行う後ろ姿を想像すると、神秘的な恐さがあるのも否定できません。

誰が、このまじないを行ったのでしょうか。
子供が増えすぎて、貧乏に逼迫した下級貴族?
身分違いの恋なのに子供ができることを恐れたメイド?


このような、昔のおまじないと比べると、医学的な避妊はいささか暴力的にも思えてきます。
たとえば「卵管結紮」というのは、卵管をくくる避妊。おへそのシワにそって開腹して、耳かきみたいな器具で卵管をひっかけて結ぶというものなので、話しを聞くだけでも現実的な生々しさがあります。

ちなみに、出産の後(分娩後)で一緒に行ったほうが効率的です。手術だけを行うこともできますが、分娩後の子宮は、その位置が高くなっていて卵管がつかまりやすいそうなのです。手術時間が短くて済むので、入院期間も出産入院に2~3日増えるだけ。費用も安くなります。

お財布の方も現実的です。


こうしたリアリティを知ってしまうと、上のおまじないに「受精や子宮に与える影響」があるとは、とうてい思えません。避妊は現実的、かつ、計画的に行いたいものですね。



トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

避妊注射。お手軽で3ヶ月間も効果が持続?  [避妊の方法]

■ 避妊注射。お手軽で3ヶ月間も効果が持続?


セックス。現代人にとって、単に子孫を残すためだけの行為ではありません。動物ではないのですから、すでに「産むための手段」でなく、大切なコミュニケーションです。

愛するパートナーと密着し体液を交換し合い、心からの安らぎと快感・幸せを感じることができる、極めて崇高な行為と「いえるでしょう。

そんなセックスの難点といえるのが、「生殖手段」でもあること。本来であれば妊娠は慶事。とても喜ぶべきことのはずですが、社会的・経済的な事情から、現実には子作りを制限しているカップルがおおいのです。年齢的なものもありますしね。

常に妊娠するリスクがつきまとうゆえに、避妊が研究されているわけで、このような避妊ブログの存在意義もあるわけです。

そういうことで、今回は、久しぶりに新しい避妊方法を紹介します。



■ 避妊注射

「避妊注射」は、最近注目され始めている避妊法のひとつ。避妊率99%ともいわれ、手軽でかつ3ヶ月間も効果が持続する避妊手段です。


1.避妊注射とは?

これは、アメリカで避妊薬として認可された「プロゲストゲン(黄体ホルモン)」を注射する避妊方法です。女性の膣内に射精を行った場合でも、避妊率はなんと99%と言われています。

プロゲストゲンは卵胞の発達を抑え、子宮内膜を薄くする働きがあります。
ピルも iusも理窟は同じ。口から摂るのがピルであり、子宮に設置するのがIUSやIUDです。注射の場合、それを直接体内に送り込むわけです。

皮下脂肪への注入です。打つ場所は主に、腹部・太ももへの接種。接種後24時間以内に避妊が可能な血中濃度に到達し、そこから約3ヶ月間も避妊効果が持続します。


2.避妊注射のメリット


メリットは何と言っても高い避妊率です。経口避妊薬(ピル)と同程度の「避妊率99%」になります。おかげで、膣内射精も可能なので、パートナーとより深く愛情を高めあえます。避妊の定番コンドームは、ミスが生まれる避妊法。使い方が間違っていたり傷がついて破れたりするなど、避妊率は80~90%と、見劣りする数値になります。

効果持続時間が長いのも特徴です。一度の注射で、8~12週間(およそ2~3ヶ月)もの間、避妊効果が持続します。ピルの場合、毎日決まった時刻に飲む必要がありますし、飲み忘れがあると、いきまり避妊効果がなくなるなど、面倒なところがあります。避妊注射はそういった煩わしさがありません。

ピルは、女性の病気に治療薬に使われますが、避妊注射にも同等の効果があります。女性ならではの幾つかの症状を緩和したり、生理痛や骨盤感染症・子宮ガンに、ある程度の予防効果があると言われるのです。ちなみに、肌もツヤツヤになります。また、避妊注射の効果期間内であっても、母乳の授乳が可能だとされてます。



3.避妊注射のデメリット

メリットがあれば、デメリットがあるのも薬のリスクです。避妊注射のデメリットをお話します。

コンドームと違って、性感染症に対して全くの無防備です。エイズを始めとする性感染症を防ぐことはできないので、安心できるパートナー意外では性感染症の危険があります。

生理が乱れる可能性や不正出欠の可能性があります。ピルの服用時と同様、頭痛・腹痛・乳房の圧迫感・体重増加といった副作用が起きる可能性もあります。

妊娠にかかわるデメリットもあります。避妊率は99%なのですが、万が一妊娠してしまうと、それは子宮外妊娠となる可能性が高くなります。また、注射をやめてからある程度の期間をあけないと、生殖能力(子供を妊娠する力)が元通りになりません。長い場合は1年程度かかるケースもあるので、家族計画を考えてから注射を検討してください。



最後ですが、避妊注射を接種する際の注意点も知っておいてください。

初めての避妊注射は生理後の5日以内に接種するとか、ピルを服用していた場合は間隔開けるとか、出産後は最低一月半以上経ってからとか。いといろと条件があります。病気治療中の人だと、注射ができないこともあるので、病院で相談してから考えてください。


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

シャワーで避妊ができるのか?  [避妊の方法]

■ シャワーで避妊ができるのか?


避妊にもいろいろ方法がありますが、その一つが「膣内洗浄」。
これは、性行為のあと、シャワーの水圧で膣内の精液を流す方法です。

こうしてみると、合理的に思えますが、結論からいえば「ムダではないかもしれません」という程度のものです。


膣内洗浄の妊娠確率というのは、85~90%だと言われています。言い換えれば、避妊率が 10~15% ということ。コンドームでさえ、その避妊率は80~85%もあります。決して高い数字ではありません。

じつは、避妊しないで性行為を行った場合の妊娠率は、85~90%であると言われてます。結婚してから妊娠するまで2年もかかった身としては「ウソをつけ!」といいたくなる数字。プロ野球でも3割打てれば名選手。鵜呑みにすれば、「ヤレバデキル」ということになる胡散臭さがありますが、確率的にはそうなっているらしいです。

話しがズレました。


膣内洗浄が、少しでも有効なのは、コンドーム避妊が失敗したときです。
ゴムが、破けていたり外れていたりなどで、思わぬトラブルになったとき、取り急ぎ洗浄するわけです。

精子が、子宮に到達する時間は1分とされてます。

失敗した! と思ったとき、急いでシャワーで洗い流せば、ほんの微々たるものですが妊娠の確率を下げる効果があるわけです。どたばたするので、甘い余韻などありません。少しでも時間を稼いで、72時間以内にアフターピルを仕掛けるわけです。


あくまでも、洗浄は緊急避難。やならいよりは多少ましかも といった程度での方法です。
メインの避妊方法として使えるものではありません。同じ意味で、コーラ洗浄もムダです。



話しは代わりますが、洗浄するのは、あくまでも流水がいいでしょう。つまりシャワーです。

トイレの洗浄システムがありますが、多用は危険。
というのは、トイレの温水洗浄便座の温水は、ほとんどの場合「貯水式」を採用しているからです。
「貯水式」は、内部タンクに水を一旦貯めて暖めておく方式です。ぬるま湯が長時間保存されているので、そこには雑菌が発生する可能性があります。

トイレの温水タンクって、掃除をしたことがあるでしょうか?私はありません。
そんな環境に貯められたお湯で大事な部分を洗い流すのは、抵抗がありますよね? お尻くらいなな許されるかもしれませんが。

ちなみに、「貯水式」でないは、「直湯式」水道から引いた水を、使うときに直接暖めてお湯にするタイプです。

一度自宅の便座タイプを確かめてみてください。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

避妊のウソ  [避妊の方法]

■ 避妊のウソ


男性の身体を持つ人と女性の身体を持つ人とでは、身体のつくりに差異があります。

「同じ人間だから」なんていうのは、おおきな間違い。
そんなのは、人権を語るときのためにとっておきましょう。

ウソみたいですが、異性の身体については、わかっているようでわかってないのです。そのため、様々な違いが生まれてくることがあるのですが、一番大きなことは、性行為に対しての意識でしょう。

性的欲求の有無はその強さに関しては、男女差よりも個人差の方が大きいのですが、「避妊」に対する意識についてだけは、どうしても男女差が大きいようです。

女性にとって「避妊の失敗」は「妊娠」です。
産むにせよそうでないにせよ、人生のとてつもなく大きな転機となります。

女性であれば、自分の体のことなので、当然ながら、真剣に捉えます。
男性のほう。とくに結婚そしてない男性は、なかなか自分のことという意識が乏しいようで、基本、避妊をめんどくさがります。

そして、本当に妊娠したときに、青くなってしまい、どうしてよいかわからなくなり、最悪、責任をなすりつけて逃げてしまう男性がいるわけです。避妊にウソをついている男性とは、さっさと分かれてしまったほうが懸命ですよ。



ここからが本番です。


避妊に関しては、昔から、マユツバモノの情報が飛び交っていました。その最たるもの「都市伝説」レベルの避妊法が「コーラで洗えば妊娠しない」というものでした。

よく考えればわかりそうなものですが、なんか成功しそうな感じがしたのでしょう。それは、現代においさえ、性教育を受けるチャンスと権利が制限されているのが原因なのかもしれません。

こんなふうに、避妊方法としてはデタラメなのに、実用的な技であるかのように信じられているものも、まだまだあるのです。

今回は、そうしたウソ・デタラメな避妊方法として、代表的なものを紹介します。


■ 「安全日」だから大丈夫・・・ちょっとウソ


「安全日」「危険日」という言葉があります

「安全日」とはピルやコンドームなどを使用しないで性行為を行っても妊娠しない日で、「危険日」とはそうした性行為を行うと妊娠する可能性の高い日、という意味です。

この「安全日」「危険日」は、これはオギノ式と呼ばれる計算方式です。月経予定日から排卵日を計算し、妊娠しやすい日を割り出した結果、この日は妊娠しないはずだから「安全日」ということになるのでしょう。

この計算方法は、たしかに、科学的なデータに基づかれたものです。
その通りではあるのですが、大きな欠点が3つあります。

欠点1

この計算式の前提は「絶対に月経周期がズレない」という状況です。しかしこれ、実際にはかなり困難です。というか、ほとんど不可能といってもいいでしょう。それは、人間が心と体が繋がっている生き物だからです。とくに女性はその傾向が強いです。

たとえ、ずっと一貫して安定した月経周期を持っていた女性であっても、それがつまでも続くという保障はありません。ちょっとしたストレス、仕事量の増加や体重の変化によって、月経周期はすぐに崩れる可能性を持っているのです。

欠点2

精子の寿命は、意外と長いということ。膣内に射精された精子は、3~7日もの間生き続けると言われていますがが、さらに長く生き続ける(?)こともあります。ときには10日ほども永らえるという発表もあります。

ということは、「安全日」に性行為を行ったのだとしても、安全日でない日まで、精子が生き続けることがあるわけです。そのまま、卵子に到達してしまえば・・・安全日の意味がありません。

欠点3

そもそも、オギノ式の計算方法は「妊娠しやすい日を知る」ために考案された方法です。それを逆手にとって、「妊娠しないための日を知る」ように使われだしたのです。妊娠を望む女性にとってこそ役立つ方法なので、避妊のために依存することは、あまりオススメできません。



■ 出すときは外だから大丈夫・・・大ウソ

射精したときの精液の中にのみ、精子が存在していると思うのは、大きな勘違い。これは、女性のみならず、男性も、間違って思い込んでいる人が多いようです。男性の場合は「知らなかったフリ」をしているかもしれませんが。

射精するまではそのまま膣内で、射精する時だけは膣外に出す、というこの方法。「膣外射精」といいますが、コレは、全くのデタラメです。

射精前に出る「カウパー氏腺液(ガマン汁とか、先走りなどと呼ばれることもありますね)」の中にも、微量ながら精子は含まれているのです。実際、これで妊娠するケースは、決して珍しくありません。


■ 念のためにコンドーム2枚重ねしたから・・・というウソ


コンドームを2枚重ねするというのは、かなり難易度が高い上に、かえって、失敗するケースがあります。

そもそも、2枚重ねにするのは、カンタンにはできません。ゴム同士が邪魔になって、うまく被さらないのです。さらに、使用中はゴム同士が擦れるため、熱やシワで傷がつきやすくなり、中にあるはずの精子が漏れてしまう危険があるのです。

日本で製造・販売されているコンドームは、とても質が高い。とくに男性の快感を損ねないような設計がなされて、「うす型」コンドームが非常に多くなっています。「うす型」なので、「破れてしまったらどうしよう」という不安を解消するために、2枚に重ねるのでしょうが、その心配はいりません。コンドームは結構強度があるからです。

ゴム製品なので、思いのほか圧力には強くて、18リットルの水が入るといわれます。一方で、弱点もあって、「鋭いもの」「熱」「摩擦・こすれ」には非常に弱い。コンドームの2枚重ねは、この「摩擦・こすれ」にあたります。ゴム同士がこすれて、摩擦されてしまった結果、1枚で使用したときよりも破れやすくなるのは、皮肉ですね。

コンドームには「正しい使用方法」というものがあります。そのまま被せるだけよりも、安全にハードな動きにも対応できるようになる付け方があるんです。製品によっては、パッケージなどに、図入りで解説されていることも多くありますので、時間(ゆとり)のあるときに、じっくり読んでみてもいいでしょうね。



以上、どうでしたでしょうか?

すでに、別のページに書いたものばかりですが、あらためてまとめてみました。

最初に言いましたが、避妊は、女性にとって一生の問題。
可能ならば、男性まかせにしないで、女性主導で、避妊を行ったほうが確実です。
タグ:ウソ 避妊
トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
妊娠中絶 費用 手術 産婦人科 人工 中絶薬 中絶病院
IDU 薬物添加IUS ミレーナ 避妊 避妊 失敗 避妊方法 避妊具 ピル プラノバール 避妊薬 リング 避妊手術 緊急避妊 ルナベル 花田美恵子 江戸時代 排卵日 避妊しない 避妊しない男 避妊率 ソフィアa 低用量ピル 基礎体温 避妊ゼリー 五輪 避妊 避妊器具 避妊手術 犬 危険日風疹 予防接種 40代 プラノバール 避妊の仕方 花魁 避妊治療 夫婦 高校生 避妊 周期 避妊 確率 ゴム 避妊用ピル 確実な避妊 男性 昔 女性 女性の避妊 産婦人科 避妊のススメ 夫婦生活 避妊してくれない 避妊したのに妊娠 昔の避妊 避妊とは 更年期 カトリック 正しい避妊 トイプードル 江戸時代の避妊 プレマリン 市販 事後避妊 避妊パッチ 風疹 風疹ワクチン 低用量ピル ソトガスキ 英語 おおかみこどもの雨と雪 避妊 ネコ 避妊 排卵検査薬 避妊 平安時代 避妊 避妊薬 ピル 避妊日 子宮頸がん 避妊 アメリカ 子猫 選手村 費用 iud 排卵日 計算 中学生 避妊しない彼氏 麻疹 予防接種 避妊ジェル 女郎 道具 避妊 時期 コーラ
スプレッドが低いFX会社