So-net無料ブログ作成
検索選択
画像 人気避妊記事7
1☆ ペッサリーの使い方と入手方法
2☆ 「避妊リング」装着の痛み
3☆ 女性用避妊具
4★ 自分1人で避妊リングって本当?
5★ 避妊フィルムマイルーラ 上手な使い方

● 避妊はいつまですれば? ●  薬物添加IUSミレーナ ●

妊娠してしまったら 女の病気 中絶 きんきゅうひにんぴる 婦人の病気 妊娠するには 効果 妊娠の方法 婦人 病気 妊娠しやすい薬 妊娠しやすくな 方法 生理日 こんドーム コン ドーム 女性の医学 妊娠する方法 女の医学 にんしん 安全日 女の生理 生理日予想 生理日予測 月経日予測 妊娠のしかた にんしん危険日 安全日 予測 生理日予測サイト 妊娠する日 じょせいのからだ 危険日とは いつ 安全日に妊娠 妊娠危険日予測 女性のカラダ 子供 できやすい
避妊について ブログトップ
前の5件 | -

女性の避妊って何歳まで?  [避妊について]

■ 避妊って何歳まで?


避妊が必要なのは何歳まででしょうか。
通常、避妊という響きは妊娠を嫌う結婚前の男女がするイメージ。10代~20代ってところですね。
でも実際は、結婚た男女は当たり前ですし、40代になってからも必要です。

歳をとるほど、妊娠の可能性は低くなるとはいえ、行為ができる以上、避妊をやめるのは危険です。

海外では70代の女性が出産したという実績があります。
日本でも50代女性の出産はときどきあります。

 「○歳になったから、避妊は卒業っ!」

ということではないようです。


では、いつになったら止めてもいいのでしょうか。
それは年令ではなく、身体の状態で判断されるべきものです。

具体的には「閉経」ですね。

女性の月経が来なくなり、しばらく経ってからなら妊娠の可能性はなくなります。年齢的には50歳前後と言われてますが、あくまでも一般論。個人差があるので、40半ばの人もいれば60近くの人もいます。たまたま、50歳で数ヶ月こないことがあったとしても、それが閉経とは限りません。

「閉経だぁ~」

そう思って安心していたところ、数ヵ月後に月経が再開したということはよくあります。
油断して避妊をしなかったために、妊娠してしまうことも起こるのです。

生理が無くなってから、最低一年は堪えましょう。一年を辛抱すればやがて、面倒な避妊を考えなくよい季節がやってきます。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

初めてのエッチ 避妊  [避妊について]

■ 初めてのエッチ 避妊


誰にでも始めてはありますが、初心者同士の初エッチは、とくに入念な避妊準備が大切です。Hの方法は省きますが、思い出深い始めてを楽しむためにも、正しい避妊を知っておきましょう。

勢いでやってしまって、取り返しがつかなくなった・・・なんは話しはいくらでもありますから。


さて

二人の心構えと準備時間があるのなら、複数の方法を実行しましょう

手軽に入手できて基本にになるのは、もちろん「コンドーム」です。コンドームを主軸にして、2つ以上の避妊を組み合わせるのが安心ですね。

 ピル OC(低用量経口避妊薬)
 避妊ゼリー・フィルム
 リズム法(基礎体温法など)

こうした方法が現実的です。

ISU(プラスチック製の小さな器具を子宮内に入れる)や、避妊手術という方法もありますが、これはすでに子供のいるカップル向け。始めての人がチャレンジするのは、ハードルの高い方法といえます。


では入手する方法です。


コンドームはドラッグストアやネット購入が一般的。ピルを入手する正式は手段は「婦人科での処方」になります。でもこれは初々しい女性には難しいかもですね。そういったことから、ピルもネット購入(正しくは代理輸入)が浸透してきてます。
避妊フィルムは、膣内部に入れておく避妊法。以前はドラッグストアで買えたのですが、いまはネットでしか手に入りません。


この ↓カテゴリー↓ が役に立ちます
避妊薬
避妊フィルムマイルーラ 上手な使い方


コンドーム頼みではリスクが高すぎます。
はじめてだからこそ、失敗しないシンプルな方法が望まれます。


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

初めての避妊 どうすれば?  [避妊について]

■ 初めての避妊 どうすれば?

親元から独立し、自分だけで過ごせる時間がたっぷり増えた。
そうしてできた初めての彼。

女性として避妊の準備はどこまですればいいのでしょう?


基本となるのはコンドームです。
男性が用意しているというのが常識ですが、あまり当てにしないほうがいいですね。
女性側もしっかりと準備しておきましょう。

もしも男性が持っていなかったら・・・どうやって渡せばいいか???

「これ使って」

そう箱ごとつきつけるのは論外。彼の気持ちがしぼんでしまう可能性大。
プライドが傷つく可能性もありますので、バッグにでも忍ばせておくのがポピュラーでしょうか。

「あたしもってるよ」

そっと出してあげるのが自然かも知れませんね。
女性から装着してあげるのは、慣れた間柄限定です。


コンドームは避妊具なんですが、どちらかといえば感染予防のアイテムです。完全無敵な避妊とはならないので、予め理解しておいてください。最低でも排卵のタイミングはずらしましょう。

コンドーム意外の避妊手段といえば、ピルになります。IUSやIUDという方法もありますが、出産経験者向き。初心者にはオススメできません。


国内でピル入手しようとするなら、婦人科で処方してもらうことになります。
診察室で医者を前にして「避妊したいんですが」と告げるのは恥ずかしいことかもしれません。でも、望まれない妊娠をするくらいなら、度胸を極めてドアを叩きましょう。

それでも。
どうしても恥ずかしいなら、ネット購入(正しくは輸入代行)サービスを使います。

現代では珍しいものではなくなっているので、購入感覚で気楽に依頼出来ます。
一般に知られているピルも多いので、口コミなどを参考にしながら選んでみてください。



緊急避妊ピル・i-Pill(アイピル)


トリキュラーED(Triquilar ED)



いろいろなピルを比較してみる
トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

よくある避妊用語の一覧です  [避妊について]

よく使われる避妊用語を一覧にしました。



○ IUS(アイユーエス)
子宮内システム(Intrauterine Contraceptive System)の略称。子宮の中に入れる小さな器具で、黄体ホルモンを放出するタイプです。子宮に挿入することで、最長5年間避妊ができます。

○ IUD(アイユーディー)
子宮内避妊用具(Intrauterine Contraceptive Devide)の略称。避妊の目的で子宮内に入れる小さな器具です。避妊効果を高めるために、銅がついているタイプも。子宮への挿入で、2~5年間避妊ができます。

○ 陰茎
膣に挿入するための男性の生殖器官。

○ エストロゲン
卵胞ホルモンのこと

○ 黄体化ホルモン(LH)
脳下垂体から分泌されるホルモン。排卵の前に分泌され、卵巣で成熟した卵胞を刺激して排卵を促します。卵胞刺激ホルモンをあわせて「性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)」と呼ばれます。

○ OC(オーシー)
一般にはピル(低用量ピル)とも呼ばれている低用量経口避妊薬のこと(Oral Contraceptiveの略)。成分に、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含んでます。さまざまな種類があり、日本における服用には、医師の処方せんが必要。

○ 黄体ホルモン
プロゲステロンのことで、卵巣から分泌される女性ホルモンです。子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整える働きがあります。


○ 基礎体温
体の機能が一番静かな状態の体温のこと。一般には、目覚めた直後の体温。眠りから覚めたとき、起き上がらずに測ります。通常は、舌下タイプでメモリの細かい婦人体温計を使用します。

○ 緊急避妊法
望まない妊娠を防ぐために、女性が性交後に妊娠を防ぐ方法。よくあるのは、避妊に失敗したり、避妊がなされなかった性交やレイプなどの対処。

○ 禁欲
セックスしないこと。

○ 月経(生理)
女性の子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外へ排出されること。およそひと月に1回(25~38日の周期)で起こることから「月経」と呼ばれてます。期間は約3~7日の日数が正常といわれます。

○ 月経周期
月経の始まった日から、次の月経が始まる日まで。正常な月経周期とされる日数は、25~38日間です。

○ コンドーム
精子が腟内に侵入するのを防ぐ目的で、男性の性器にかぶせるゴム製などの袋。性感染症予防にも有効です。

○ 殺精子剤
精子を殺したり、動かないようにする薬品のこと。セックスの前に腟内に挿入します。

○ 視床下部
脳にある、ホルモンを調節する器官のことで、数々のホルモン(性腺刺激ホルモン、放出ホルモンなど)を分泌してます。ほかにも、体温調節、本能行動(食べる、飲む、睡眠、性行動など)、情緒行動(怒り、不安など)のコントロールも。

○ 子宮
女性の生殖器のことです。上部は卵管、下部は腟につながっていて、妊娠した時に胎児を約10ヶ月育てる器官でもあります。

○ 子宮頸管
精子が通りやすいように粘液を分泌する、子宮下部にある器官のこと。

○ 初経
初めての月経のこと。日本人の初経の平均年齢は12歳とされます。9歳以下での初経は「早発月経」、16歳以上は「遅発月経」と言われてます。

○ 初潮
初経のことです。

○ 人工妊娠中絶
人口的に妊娠の過程を中断してしまう手術のこと。一般に「中絶」と呼ばれます。

○ 受精卵
精子と卵子が結合することを受精といいます。その、受精後の卵子のこと。

○ 精管
男性の生殖器官のこと。精巣上体と前立腺内の射精管の間を結ぶ、およそ5cmほどの長さの管です。

○ 性感染症(STD)
性行為によって、皮膚や粘膜を通して感染する病気の総称。淋病や梅毒、それにエイズなどが知られてます。

○ 精子
男性の生殖細胞のこと。長さは、約0.05~0.07mmで、丸い頭部(核)・中間部・尾部からなります。その造詣はオタマジャクシに例えられます。射精によって卵管にたどりつき、卵子と結合して受精卵になる。

○ 精巣(睾丸)
男性の生殖器のこと。左右の陰のう(いんのう)に1個ずつ存在する卵型の器官。陰茎とセットで生殖器です。精子や主要な男性ホルモンであるテストステロンを作ります。

○ 精巣上体(副睾丸)
男性の生殖器官です。精巣から送られてきた精子はここで成熟し、運動性を得る。

○ 精嚢
男性の生殖器官です。主に精液を分泌する。

○ 生理
月経の日常用語になります。女性の生理的な現象という意味から「生理」と呼ばれてます。

○ 生理周期
月経周期のことです。

○ 前立腺
男性の生殖器官。精子の運動性を高めるための液体を分泌します。

○ 腟
女性器の一部です。子宮と外陰部をつなぐ約8~9cmの管です。

○ 腟外射精
射精の直前に男性の性器を腟から抜いて、腟の外に射精すること。避妊方法の一つになりますが、効果は薄いです。

○ 脳下垂体
脳の中心部にある内分泌器官です。視床下部から分泌されたホルモンの刺激を受け、多くのホルモンを分泌します。

○ 排卵
成熟した卵胞が刺激され、卵子を排出することです。

○ 排卵日
月経周期の中で、排卵がおこる日のことを言います。

○ 避妊
薬や用具、器具や手術などによって、妊娠を防ぐことです。

○ 避妊手術
避妊方法の一つです。卵子や精子の通路を遮断することで妊娠を防ぐ手術。

○ ピル
卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含んだ薬のこと。排卵を抑制して、主として避妊の効果をもちます。

○ 不正出血
月経以外で、子宮や腟から出血することをいいます。

○ プロゲステロン
黄体ホルモンのことです。

○ ペッサリー
女性用の避妊具です。精子が腟内に侵入するのを防ぐため、腟に装着するゴム製などのキャップのこと。

○ 卵子
卵巣でつくられる女性の生殖細胞のこと。精子と結合すると受精卵となります。

○ 卵巣
親指大の大きさの女性の生殖器。卵子を作り出す機能を持ちます。卵胞ホルモンと黄体ホルモンを分泌する役割もあります。

○ 卵管
子宮の左右に伸びる長さ7~15cmの細い管のこと。卵胞から飛び出した卵子が子宮に移動する通路であり、この途中で精子と卵子が出会って受精となります

○ 卵胞ホルモン
エストロゲンのことです。主に卵巣から分泌される女性ホルモンで、子宮内膜を増殖させて厚くする働きがあります。

○ 卵胞刺激ホルモン(FSH)
性腺刺激ホルモンの一種です。卵巣に働きかけ、ホルモンの分泌を促して、卵胞を成熟させます。




いかがですか?
まだまだ、足りない言葉もありますが、気が向いたときに追加していきます。

タグ:避妊用語
トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

避妊に健康保険が使えないのは なぜ?  [避妊について]

「 避妊にはなぜ保険が効かないのでしょうか? 」


ピルやIUS、IUD、それにパイプカットや卵管結束などの避妊手術。すべて病院で行う避妊方法ですが、かかった費用に健康保険は使えません。なぜでしょうか?


その答えは”避妊は医療ではないから”です。


健康保険というのは、怪我や病気で苦しんでいる人に対して、国民みんなで金銭的に支えようというという制度です。自分が怪我や病気をしたときに、「お金がなくて治療を受けられない」なんて、とっても困りますよね。そんなときのために、健康保険制度があるのです。

他人を支えるとともに、自分の命も支えてます。現代は財政難のため、医療に関する国のチェックが厳しくなってきています。入院日数はなるべく短縮するように指導されてますし、医療行為以上の保険請求を行ったりすれば、病院にペナルティが与えられます。

生活設計にとって避妊は大切なことですが、病気でも怪我でもありません。あくまでも個人的な要求なのです。

そうした行為に、国民から集めた税金をつぎ込むというのは・・・・オカシイですよね?


■ 出産のときは健康保険が使える?


避妊と同じように、”出産”も病気ではありません。
よって、健康保険は適用できません。

「 あれ? 出産費用は戻ってくるんじゃない? 」

そうですね。出産後に「出産育児一時金」というのを、健康保険からもらうことができます。妊娠・出産は病気ではないので、健康保険が使えません。でも、出産や育児というのは、国事という側面を持ちます。日本の人口の減少は深刻ですし、人が減るほど国力も減りますからね。

保険制度が及ばない”出産”という部分をフォローするため、出産育児一時金があるわけです。


■ 基礎体温はどっちのため?


毎日、基礎体温を計って記録をつける。
そこから危険日と安全日を割り出し、妊娠しにくい日を選んでSEXする。

これが、いわゆるオギノ式ですよね?

いっぽう、赤ちゃんの欲しいカップルを指導するときにも、このオギノ式を使います。「基礎体温を測って、もっとも妊娠し安い日を狙い撃ちして」とアドバイスするわけです。タイミング療法とも言いますね。同じデータでありながら、使い方が180度異なっているのです。

もともと、基礎体温を使う方法は、妊娠を望むカップルのために考案されたものでした。それを逆に利用したのが「妊娠危険日」という発想なのです。

妊娠と避妊は表裏一体。同じ計算を用いてるので、確率的には一緒です。でもなぜか避妊に関してだけ「精度が悪いと」言われてます。ちょっと不思議ですね。


経験から言わせてもらうなら、生まれるときは生まれるし、生まれないときは生まれません。
私の場合、結婚後しばらくは避妊してました。あるとき、子供が欲しくなって避妊をやめたのですが、なかなか妊娠しません。タイミング療法も取り入れましたが、思うようにはいかなかったのです。

結局、妊娠するまで、1年半という時間がかかりました。
遅いか早いか。なんともいえませんが、そのときに思ったのが「確かに、子供は授かりモノだ」という言うことです。昔から言い伝えられている、ありきたりの言葉なんですが、そのときは心の底から実感したのです。

もちろん、避妊は必要です。
できてしまってから、堕胎するよりずっといい。

だけども、欲しいからといって出来るものでもない。
それが、子供という宝なんです。


あれ。
説教くさくなってしまいましたね。
今日もがんばって避妊しましょう。

タグ:保険 避妊
トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の5件 | - 避妊について ブログトップ
妊娠中絶 費用 手術 産婦人科 人工 中絶薬 中絶病院
IDU 薬物添加IUS ミレーナ 避妊 避妊 失敗 避妊方法 避妊具 ピル プラノバール 避妊薬 リング 避妊手術 緊急避妊 ルナベル 花田美恵子 江戸時代 排卵日 避妊しない 避妊しない男 避妊率 ソフィアa 低用量ピル 基礎体温 避妊ゼリー 五輪 避妊 避妊器具 避妊手術 犬 危険日風疹 予防接種 40代 プラノバール 避妊の仕方 花魁 避妊治療 夫婦 高校生 避妊 周期 避妊 確率 ゴム 避妊用ピル 確実な避妊 男性 昔 女性 女性の避妊 産婦人科 避妊のススメ 夫婦生活 避妊してくれない 避妊したのに妊娠 昔の避妊 避妊とは 更年期 カトリック 正しい避妊 トイプードル 江戸時代の避妊 プレマリン 市販 事後避妊 避妊パッチ 風疹 風疹ワクチン 低用量ピル ソトガスキ 英語 おおかみこどもの雨と雪 避妊 ネコ 避妊 排卵検査薬 避妊 平安時代 避妊 避妊薬 ピル 避妊日 子宮頸がん 避妊 アメリカ 子猫 選手村 費用 iud 排卵日 計算 中学生 避妊しない彼氏 麻疹 予防接種 避妊ジェル 女郎 道具 避妊 時期 コーラ
スプレッドが低いFX会社