So-net無料ブログ作成

↓クリック↓
自身の悩みを克服した店長が開発した高品質の男性活力サプリ【FORCE】
画像 人気避妊記事7
1☆ ペッサリーの使い方と入手方法
2☆ 「避妊リング」装着の痛み
3☆ 女性用避妊具
4★ 自分1人で避妊リングって本当?
5★ 避妊フィルムマイルーラ 上手な使い方

● 避妊はいつまですれば? ●  薬物添加IUSミレーナ ●

妊娠してしまったら 女の病気 中絶 きんきゅうひにんぴる 婦人の病気 妊娠するには 効果 妊娠の方法 婦人 病気 妊娠しやすい薬 妊娠しやすくな 方法 生理日 こんドーム コン ドーム 女性の医学 妊娠する方法 女の医学 にんしん 安全日 女の生理 生理日予想 生理日予測 月経日予測 妊娠のしかた にんしん危険日 安全日 予測 生理日予測サイト 妊娠する日 じょせいのからだ 危険日とは いつ 安全日に妊娠 妊娠危険日予測 女性のカラダ 子供 できやすい
避妊について ブログトップ
前の5件 | -

あれから1週間。避妊は可能?  [避妊について]

その場の勢いで、避妊無しの行為は、ほんとうに無謀です。
経験の浅いフレッシュな年齢のうちはとくに、ついつい思いが先走ってしまうのでしょう。

その気持ちは良くわかりますが、避妊というのは、事前の準備がすべて。
ウォシュレットで洗い流すとか、お風呂やシャワーで、膣を洗えばOKとか。
マコトシヤカに言われてますが、そんなの流言です。都市伝説より性質が悪いです。


唯一、事後の避妊方法として、存在するのは「緊急避妊」という方法です。
これは、72時間以内に、避妊薬を飲むという、やや乱暴な避妊です。

後付のやり方なので、100%成功するという保障はありません。
でも、それなりの効果があると言われてます。


避妊しないでセックスして、1週間も経ってしまったなら、この方法は無理です。
また、ピルをきちんと服用しているのであれば、緊急避妊は不必要です。


緊急避妊についてもっと知りたい方は、↓こちらのページで↓ 詳しく説明しています
緊急避妊と、ピルの即効性


タグ:1週間 避妊
トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

20歳からの避妊  [避妊について]


■ 20歳の避妊


20歳から20代後半まで。職場においては新人から働く戦力としてたくましくなっていく世代にあたりますが、恋愛と結婚の狭間で揺れ動く年令ともいえます。

社会的にも重要です。大げさではなく、日本や世界の未来を担い成長する世代だけに、避妊か出産かの選択は重要です。出産するなら子育てはどうするかを真剣に取り組む年代で、その動向が世の中の行く末を左右するといっても過言ではありません。

避妊についても、「生まれたなら、それはそれでアリ」と緩く考えるか、「産めない。育てるの無理」と拒否の意見を持っているかでは、失敗したときの対応が大きく分かれるでしょう。



■ 避妊成功率

「産みたい」と願う健康な若い男女が、排卵日に合わせてセックスしたとしても、妊娠の確率は約20~25%だとか。その数字は年代を追うごとに低下していきます。また、精子が日々新たに製造させるのに対して、卵子は最初から女性の体内に存在し、年令といっしょに過していきます。加齢の影響をうけることも妊娠をむずかしくしていきます。高齢の新婚カップルが人工授精を試みる理由がわかりますね。

25歳~30代前半 25~30%
30代後半 18%
40代前半 5%
40代後半 1%



元々妊娠の確率は低い。だから、リズム法とかコンドームを遣った程度でも避妊率が上がるのです。この、性行為イコール妊娠ではないところが、問題をめんどくしています。

「これまで妊娠したころないから、大丈夫でしょう」

セックスに慣れていくと避妊も適当というか、いつもの程度でおざなりになっていきます。
でも、確率は確立です。たとえ1パーセントであっても、妊娠してしまえば、失敗なのです。できた命に向かって「あなたは1%の子供」といういいワケは通用しません。



■ ピル・殺精子剤・IUD

学生時代と違って、仕事をもつ20代にはお金の融通がききます。コンドームにしたって、安い自販機でなくAMAZONの安心製品をごっそり買うことができます。

でもさらに安心を買うなら、ピルとか殺精子剤です。


・ピル

ピルは、いわゆるホルモン剤です。
エストロゲンという女性ホルモンで細胞を刺激し、「妊娠してる」と身体に錯覚させるわけです。妊娠してるならそれ以上は妊娠しないので、それが避妊になるわけです。飲み始めに変調がおこる人が多いといわれますが、避妊以外の薬としても使われるほどの良薬。むしろ体調は安定します。

金銭的には、病院で処方してもらえばかなり安くなります種類によって保険がきいたり、きかなかったりします。

 中用量
  保険がきく。月500円程度。毎月病院に行く必要あり。副作用は強いことも。
 低用量
  保険がきかない。月2000~3000円。病院によってはまとめ買い可能。

低用量は、副作用は中用量よりはすくないといわれます。種類もたくさんあって、自分にあったものを探せます。

婦人科へ行くのがたいへん、とか、検査が恥ずかしいという人は、通販で購入するのがいいでしょう。
通販といってもこの場合は、海外取り寄せ(という形)です。負担の少ない低用量が人気で、種類も増えてます。

トリキュラーやノレルボ、アイピルなどが知られてます。


トリキュラー21(Triquilar)



・殺精子剤

 マイルーラとい名前で知られてます。かつでは日本でに輸入されどこのドラッグストアでも購入できました。いまは、規制がはいって買えませんが、これも代行輸入で可能です。

避妊効果は「まぁまぁ」といっておきます。セックスの最中に子宮口近くに入れるのですが、効果持続時間が1時間で、セッティング位置が悪いと避妊はイマイチ。慣れが必要なのでサブ的な遣い方がよいでしょう。


VCF(避妊フィルム/マイルーラ米国版)


・IUDとIUS

 子宮内に設置する簡易器具です。病院で、麻酔も必要なく簡単に装着し、除去が出来ます。料金は施設によりますが大体3-4万円程度ですが、装着期間は数年なので、長い目で見るとピルを飲み続けるより低料金です。

 
 IUDとIUSの違いって?

 IUDは、子宮の中の環境を変えることによって受精卵が子宮内膜(赤ちゃんのベットになるところ)に着床(妊娠の成立)するのを妨げて、妊娠を防ぎます。さらに「銅付加IUD」は精子の運動性を抑える、また、精子と卵子の受精を妨げる働きもあり、高い避妊効果を発揮します。 IUD装着後は生理の量が増えることがあります。

 IUSは、付加された薬剤(黄体ホルモン)を子宮の中で少しずつ放出していきます。ピルをセットしたような状態になるわけです。この黄体ホルモンは子宮内膜の増殖を抑える働きがあるため、内膜はうすい状態になります。そのために、IUDとは異なり、生理の量が少なくなります。



IUSは避妊リングとも言われていて、この数年は病院へいかなくても一人でセットできる「ヌーバリング」の人気がたまってます。当サイトでもよく検索されてます。月に一回の取替えが必要ですが「飲み忘れのないピル」という感覚で利用される人が多くいます。



避妊リング・ヌーバリング(Nuvaring)




■ 無理をしない避妊を

どのような避妊を選ぶにしても、仕事や彼氏との関係に支障のないやり方にしましょう。
望まない妊娠を避けるのが目的ですが、ふだんの生活を楽しめないのでは本末転倒ですから。

20代という時間を、楽しみながらがんばりましょう!


共通テーマ:恋愛・結婚

避妊はいつまですればいいの?  [避妊について]

■ 避妊はいつまで?
 

避妊事情は、年代や立場によって、異なるものです。
経済的な都合があったり、カップルによって避妊方法も違いますが、年齢を重ねても避妊が必要というのは、それだけアツアツな関係でいる証拠。いくつになっても、仲良くすごしていきたいものですね。

そこで今回は、避妊の方法ではなく、終了のタイミングについてお話します。
避妊はいつまで必要なのでしょうか?

人間は、その気さえあれば、いくつになってもセックスが可能です。もちろん、男女双方ともに、それを受け入れる状態にあることが条件です。

閉経するということは、卵子が排出が終わったということ。普通、避妊をしなくてもいいということは、女性の生理が終了したことをいいます。

「妊娠する可能性は無くなったのだから、避妊しないでセックスしてもいい」

そのように判断するのは当然でしょう。
しかし、「閉経したから妊娠しない」 というのは絶対ではないようです。


これは知り合いのお友達に聞いたお話です。

50歳で生理が来なくなったので、セックスでの避妊をやめました。ところが、52歳の時に体に変化が表れました。「おかしいな」と、ずっと様子を見ていたのですが、じつはそれが妊娠だったそうです。発覚したときには、もう遅く、中絶の時期を越えていました。仕方なくそのまま産んだそうです。53歳での出産・育児は大変どころでないようです。

年齢が高くなると、生理不順の頻度が高くなる人がいます。生理が来ない月が、変則的に起こるのです。

「3ヶ月きてない。もう閉経かな」

そのまま、閉経となることもありますが、また始まったりすろこともあります。
そうした中での、避妊は面倒です。いつまで、避妊を続けなければいけないでしょう。


■ 閉経とは、排卵が終わったということ

一応、43歳以上で最終月経から1年経っても生理がなければ「閉経」とされています。

国際産婦人科連盟では、月経が乱れてから閉経になるまでの期間を「更年期」としています。正しくは、「更年期とは性的成熟状態から、卵巣機能が完全に消失するまでの期間」です。最近の日本の女性ならば、42歳ころから56歳ころのまでの5年間ですね。

「閉経です」という確定診断を下せるような検査方法はありません。採血してFSH、LH、E2のホルモン値を調べて「閉経でしょう」という基準はあります。



■ 閉経後の妊娠

閉経したのに妊娠するのは、「セックスによってホルモンが刺激され、止まっていた生理が再開した」のではありません。閉経したと思っていたけれど、それが間違っていたということです。

生理が終了してから、半年くらいで、また生理が起こったという話はよくあります。これは、再始動ではなく、終了していなかっただけです。排卵障害が起こっていて「無排卵」の状態だったということです。

判断を慌てると問題が生まれます。中高年の堕胎が意外と多いのは、閉経だと思い込むこと。避妊しないで妊娠するというパターンです。

判断期間は「1年間」が目安とされています。
最終的な生理から、最低1年の間は、避妊を続けてください。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

愛があれば避妊はいらない?  [避妊について]

■ 愛があれば避妊はいらない?


現代は少子高齢化の時代です。避妊にもカップル事情があり、するしないでもめるのはどこにでもあること。

 子供がほしいけどなかなか妊娠しない。
 セックスはしたいけど子供はいらない。

なかなか、思うようにはいかないようです。
避妊が大切なのはいうまでもないのですが、年代によって意識に差があるようです。情報化社会にもかかわらず、いまだ迷信めいた避妊法に踊らされる人がいるのには驚きです。避妊に失敗するということは妊娠にいたるということ。子供を育てる覚悟があれば産むことでできるでしょうが、そうでないなら中絶という手段しかありません。

避妊に失敗したり、そもそも避妊すという概念すらないまま妊娠し、最悪の結末に陥る女性が後を断たないのは、人間の業のせでしょうか。


中絶に至る事情はさまざまですが世代ごとの特徴があります。

・10~20代
 この世代は避妊に無頓着な人が多いようです。昔よりも開放的で性の知識は集めるのに、避妊に関しては運頼みに近い。妊娠する可能性を考えてないのです。学生なのでお金がないという事情のせいなのかどうか、スマホ通信代や代カラオケ代はあってもコンドーム代はないようです。まったく避妊をしないか、確率の低い「リズム法」をあてにして避妊に失敗するようです。

・20~30代
 結婚して家庭をもつか、仕事で頑張るか、もしくは両方を手にしてるか。家族観や仕事観の分かれる世代です。
 子供が欲しいけど暮らしがたいへん。または、まだ子供はいらない。などと夫婦間でもめる世代でもあります。夫婦でもおつきあいのカップルでも、コンドーム主体の避妊が多いのでしょう。破れたり装着ミスなどの失敗から妊娠にいたることも間々あります。

・40代以上
 子育てが一段落して、趣味でも楽しもうかという矢先に妊娠。セックス回数の減少にあわせるように避妊のほうも気が緩んで、久しぶりの行為で思わぬ妊娠ということがあります。子の年令はこれからお金がかかる世代。子供の大学進学の、年老いてきた親の世話。体力的には下降してきており、ユトリがなくなっていく年令です。



母体に負担がのしかかる中絶は、お金の負担も大きいです。産むに産めない二人にとって最後の選択肢です。できれば、こんな不幸な結末に至らないよう、避妊だけはしっかりやっておいてください。


費用は、初期なら10~18万円。中期(21~22週)は30~50万円。こんなにかかるのです。

共通テーマ:恋愛・結婚

避妊しない理由と、しているつもりの避妊  [避妊について]

■ 避妊しない理由と、しているつもりの避妊


「 妊娠は望んでいないけど? 」

そう言っている女性の、なんと6割は「効果的な避妊」をしていないそうです。

これは、製薬企業「バイエル薬品」(大阪市)が行ったインターネット調査の結果です。2012年の情報ですが、2016年現在も、意識は変わっていないのではないでしょうか?


回答から浮き彫りになるkってくるの、受け身になりがちな女性のセックス。

「嫌われたくない」
「精子がないと言われた」
「私は妊娠しない」という思い込み。

ほかにも、安全日対策へ過信している様子もうかがえます。
これって、どうなんでしょう?

ネットの時代ですよね?
ほんのちょっと調べて、実行すればいいだけです。
ケータイやスマホは、こういうときにこそ使うものかと思うのですが。

予期しない妊娠は、女性に過度な負担を強います。
妊娠や避妊に対して「正しい知識を持ってほしい」ものです


ネットアンケートは、妊娠を望んでいなかった20~49歳の女性614人を対象に実施したそうです。過去1年以内のセックスについて避妊状況を聞いたところ、44.5%が「避妊しないことがあった」と回答。

残りの55.5%は「必ず避妊した」と答えていますが、この避妊方法の約2割が「膣外射精」。膣外射精は避妊ではありません。

さて。

妊娠を望んでいないのに、避妊をしないのはなぜでしょうか。
年代別の、最多理由です。

 20代 「大丈夫な気がしたから」
 30代 「もし妊娠してしまったら、産んでも良いと思った」
 40代 「安全日だったから」が

さすがわ、30台は現実的ですね。
「できちゃった婚」狙いか、または、既婚者が多いのかもしれません。

40代の「安全日」については、ちょっと考えたほうがいいでしょう。世間には広く浸透している方法ですが、専門家の間では“神話”に過ぎないという意見があります。

「安全日」って、きっとオギノ式のことでしょう。これ、もともとは、妊娠するための計算方法です。避妊方法ではないので、ヒット率(妊娠する可能性)は意外と高いです。


そのほかの意見では・・・

「雰囲気を悪くしたらだめだと思い、避妊を言い出せなかった」
「精子がないと説得されたので、大丈夫かなと思った」
「その人のことを信頼していたので、何が起こっても大丈夫だと思った」
「子供はいらないが、相手が好きだから」
「何かあったら、責任を取らせようと思った」


避妊は、相手あってのことです。
セックスそのときになっての雰囲気もあるので、かなりナイーブ。

ですが。

衝動に身を任せている、きまぐれな男性に流されないでください。
妊娠してしまったのでは後の祭りです。

双方が納得していれば問題はないですが。。。
男って逃げますよ?

根拠ない「大丈夫」をいう、勢いだけのタイプは、先のことを考えない男性です。
避妊のことで、怒りだすような男性なら、すぐに立ち去ったほうがいいです。

それでも、避妊が嫌ならコンドームが嫌いなのでしょう。
装着すると、萎える男性もいるといいますから。

そういう人が相手なら、ピルを飲んで、あなたが準備をしておくしかないでしょうね。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の5件 | - 避妊について ブログトップ
妊娠中絶 費用 手術 産婦人科 人工 中絶薬 中絶病院
IDU 薬物添加IUS ミレーナ 避妊 避妊 失敗 避妊方法 避妊具 ピル プラノバール 避妊薬 リング 避妊手術 緊急避妊 ルナベル 花田美恵子 江戸時代 排卵日 避妊しない 避妊しない男 避妊率 ソフィアa 低用量ピル 基礎体温 避妊ゼリー 五輪 避妊 避妊器具 避妊手術 犬 危険日風疹 予防接種 40代 プラノバール 避妊の仕方 花魁 避妊治療 夫婦 高校生 避妊 周期 避妊 確率 ゴム 避妊用ピル 確実な避妊 男性 昔 女性 女性の避妊 産婦人科 避妊のススメ 夫婦生活 避妊してくれない 避妊したのに妊娠 昔の避妊 避妊とは 更年期 カトリック 正しい避妊 トイプードル 江戸時代の避妊 プレマリン 市販 事後避妊 避妊パッチ 風疹 風疹ワクチン 低用量ピル ソトガスキ 英語 おおかみこどもの雨と雪 避妊 ネコ 避妊 排卵検査薬 避妊 平安時代 避妊 避妊薬 ピル 避妊日 子宮頸がん 避妊 アメリカ 子猫 選手村 費用 iud 排卵日 計算 中学生 避妊しない彼氏 麻疹 予防接種 避妊ジェル 女郎 道具 避妊 時期 コーラ
スプレッドが低いFX会社