So-net無料ブログ作成
画像 人気避妊記事7
1☆ ペッサリーの使い方と入手方法
2☆ 「避妊リング」装着の痛み
3☆ 女性用避妊具
4★ 自分1人で避妊リングって本当?
5★ 避妊フィルムマイルーラ 上手な使い方

● 避妊はいつまですれば? ●  薬物添加IUSミレーナ ●

妊娠してしまったら 女の病気 中絶 きんきゅうひにんぴる 婦人の病気 妊娠するには 効果 妊娠の方法 婦人 病気 妊娠しやすい薬 妊娠しやすくな 方法 生理日 こんドーム コン ドーム 女性の医学 妊娠する方法 女の医学 にんしん 安全日 女の生理 生理日予想 生理日予測 月経日予測 妊娠のしかた にんしん危険日 安全日 予測 生理日予測サイト 妊娠する日 じょせいのからだ 危険日とは いつ 安全日に妊娠 妊娠危険日予測 女性のカラダ 子供 できやすい

人口中絶という選択へ  [人口中絶]

このブログは、避妊についてお伝えしてます。
避妊方法や、避妊のメリット・デメリットについて、書き綴ってきました。

今回は、趣向を変えて、避妊の先についてお話したいと思います。

避妊ができなかった。
または避妊に失敗した。

どちらにしても、セックスの先に待っているのは妊娠・出産です。
はからずも妊娠ししまったとき。あなたはどうしますか?

出産を望むなら、「おめでとう」と祝福できるのですが、かならずしもそうとは限りません。



■ 人工妊娠中絶手術とは


人工妊娠中絶は、事情があって妊娠が継続できない場合に、手術によって妊娠を中断する方法です。
日本の法律によれば、人工妊娠中絶ができるリミットは21週と6日まで。
妊娠22週0日を過ぎてしまうと、いかなる理由があっても中絶はできません。

結論を出すのは、この期間ですが、あくまでも法律的な期間です。
実際の妊娠中絶手術の時期は、もっと限定されています。

通常、中絶が可能とされるのは妊娠9週まで。
どんなに遅くとも、11週までにしてしまわないと危険です。

病院側にも準備があるので、妊娠8週0日までに受診することになります。
実質な期間は2ヶ月です。

日本の主な避妊法方法はコーンドームですね。
これは、あまり確実な方法とはいえません。

中絶手術が行われている件数は、約28万件。
かなり多いのですが、この数字は意味深ですね・・・


年代別で抜粋すると、

 10代の中絶率は 約67%
 40代の中絶率は 約66%
 
10代と40代とでは、中絶の理由が大きく異なるでしょうが、非常に多くの方が中絶という方法を選んでるということです。


厚生労働省2013年報告によれば、年間出生数は103万3千人。
戦後最少と言われますが、まだまだ減少するかもしれません。

これに対して死亡数は124万5千人。
こちらは、戦後最多(東日本大震災の年を除く)

日本在住の日本人の人口は、一年に21万2千人減少することになります。
もしも、中絶手術が行われている約28万件が、中絶しなければ人口が増加する計算です。

数の比較が無意味なのは分かっていますが、絶妙な数字だけに心が痛みます。


次回は、中絶の種類についてお話します。

タグ:中絶
トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

避妊のウソ  [避妊の方法]

■ 避妊のウソ


男性の身体を持つ人と女性の身体を持つ人とでは、身体のつくりに差異があります。

「同じ人間だから」なんていうのは、おおきな間違い。
そんなのは、人権を語るときのためにとっておきましょう。

ウソみたいですが、異性の身体については、わかっているようでわかってないのです。そのため、様々な違いが生まれてくることがあるのですが、一番大きなことは、性行為に対しての意識でしょう。

性的欲求の有無はその強さに関しては、男女差よりも個人差の方が大きいのですが、「避妊」に対する意識についてだけは、どうしても男女差が大きいようです。

女性にとって「避妊の失敗」は「妊娠」です。
産むにせよそうでないにせよ、人生のとてつもなく大きな転機となります。

女性であれば、自分の体のことなので、当然ながら、真剣に捉えます。
男性のほう。とくに結婚そしてない男性は、なかなか自分のことという意識が乏しいようで、基本、避妊をめんどくさがります。

そして、本当に妊娠したときに、青くなってしまい、どうしてよいかわからなくなり、最悪、責任をなすりつけて逃げてしまう男性がいるわけです。避妊にウソをついている男性とは、さっさと分かれてしまったほうが懸命ですよ。



ここからが本番です。


避妊に関しては、昔から、マユツバモノの情報が飛び交っていました。その最たるもの「都市伝説」レベルの避妊法が「コーラで洗えば妊娠しない」というものでした。

よく考えればわかりそうなものですが、なんか成功しそうな感じがしたのでしょう。それは、現代においさえ、性教育を受けるチャンスと権利が制限されているのが原因なのかもしれません。

こんなふうに、避妊方法としてはデタラメなのに、実用的な技であるかのように信じられているものも、まだまだあるのです。

今回は、そうしたウソ・デタラメな避妊方法として、代表的なものを紹介します。


■ 「安全日」だから大丈夫・・・ちょっとウソ


「安全日」「危険日」という言葉があります

「安全日」とはピルやコンドームなどを使用しないで性行為を行っても妊娠しない日で、「危険日」とはそうした性行為を行うと妊娠する可能性の高い日、という意味です。

この「安全日」「危険日」は、これはオギノ式と呼ばれる計算方式です。月経予定日から排卵日を計算し、妊娠しやすい日を割り出した結果、この日は妊娠しないはずだから「安全日」ということになるのでしょう。

この計算方法は、たしかに、科学的なデータに基づかれたものです。
その通りではあるのですが、大きな欠点が3つあります。

欠点1

この計算式の前提は「絶対に月経周期がズレない」という状況です。しかしこれ、実際にはかなり困難です。というか、ほとんど不可能といってもいいでしょう。それは、人間が心と体が繋がっている生き物だからです。とくに女性はその傾向が強いです。

たとえ、ずっと一貫して安定した月経周期を持っていた女性であっても、それがつまでも続くという保障はありません。ちょっとしたストレス、仕事量の増加や体重の変化によって、月経周期はすぐに崩れる可能性を持っているのです。

欠点2

精子の寿命は、意外と長いということ。膣内に射精された精子は、3~7日もの間生き続けると言われていますがが、さらに長く生き続ける(?)こともあります。ときには10日ほども永らえるという発表もあります。

ということは、「安全日」に性行為を行ったのだとしても、安全日でない日まで、精子が生き続けることがあるわけです。そのまま、卵子に到達してしまえば・・・安全日の意味がありません。

欠点3

そもそも、オギノ式の計算方法は「妊娠しやすい日を知る」ために考案された方法です。それを逆手にとって、「妊娠しないための日を知る」ように使われだしたのです。妊娠を望む女性にとってこそ役立つ方法なので、避妊のために依存することは、あまりオススメできません。



■ 出すときは外だから大丈夫・・・大ウソ

射精したときの精液の中にのみ、精子が存在していると思うのは、大きな勘違い。これは、女性のみならず、男性も、間違って思い込んでいる人が多いようです。男性の場合は「知らなかったフリ」をしているかもしれませんが。

射精するまではそのまま膣内で、射精する時だけは膣外に出す、というこの方法。「膣外射精」といいますが、コレは、全くのデタラメです。

射精前に出る「カウパー氏腺液(ガマン汁とか、先走りなどと呼ばれることもありますね)」の中にも、微量ながら精子は含まれているのです。実際、これで妊娠するケースは、決して珍しくありません。


■ 念のためにコンドーム2枚重ねしたから・・・というウソ


コンドームを2枚重ねするというのは、かなり難易度が高い上に、かえって、失敗するケースがあります。

そもそも、2枚重ねにするのは、カンタンにはできません。ゴム同士が邪魔になって、うまく被さらないのです。さらに、使用中はゴム同士が擦れるため、熱やシワで傷がつきやすくなり、中にあるはずの精子が漏れてしまう危険があるのです。

日本で製造・販売されているコンドームは、とても質が高い。とくに男性の快感を損ねないような設計がなされて、「うす型」コンドームが非常に多くなっています。「うす型」なので、「破れてしまったらどうしよう」という不安を解消するために、2枚に重ねるのでしょうが、その心配はいりません。コンドームは結構強度があるからです。

ゴム製品なので、思いのほか圧力には強くて、18リットルの水が入るといわれます。一方で、弱点もあって、「鋭いもの」「熱」「摩擦・こすれ」には非常に弱い。コンドームの2枚重ねは、この「摩擦・こすれ」にあたります。ゴム同士がこすれて、摩擦されてしまった結果、1枚で使用したときよりも破れやすくなるのは、皮肉ですね。

コンドームには「正しい使用方法」というものがあります。そのまま被せるだけよりも、安全にハードな動きにも対応できるようになる付け方があるんです。製品によっては、パッケージなどに、図入りで解説されていることも多くありますので、時間(ゆとり)のあるときに、じっくり読んでみてもいいでしょうね。



以上、どうでしたでしょうか?

すでに、別のページに書いたものばかりですが、あらためてまとめてみました。

最初に言いましたが、避妊は、女性にとって一生の問題。
可能ならば、男性まかせにしないで、女性主導で、避妊を行ったほうが確実です。
タグ:ウソ 避妊
トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

子宮筋腫 手術後の避妊期間とその間の避妊  [避妊の方法]

■ 子宮筋腫 手術後の避妊期間って?


「子宮筋腫」って聞いたことがあります?

子宮壁にできる良性の腫瘍のことで、月経のある女性の25%にできると言われる病気です。誰にでも起こりうる腫瘍なんです。悪性腫瘍に変化するなんてことは、ほとんどないので安心してくだい。

子宮筋腫は、症状の深刻度というか程度によって、治療方法や時期が異なってきます。
クスリで治せるならいいのですが、場合によっては手術で取り去ることもあります。

「良性」といっても侮れないですね。
女性の、不妊の原因になることもありますし。
病気の詳しい説明は省きます。どこかのサイトでしらべてください。
(これなんかは?>子宮筋腫ってどんな病気?


気になるのは、「手術したあとに妊娠してもいいのか」ってことです。


結論からいえば、妊娠しても大丈夫です!
子供をつくって幸せにかっている家屋もいっぱいいます。

ただし、術後スグの妊娠は絶対にだめ。妊娠するのは、手術のあとが回復するのを待ってからです。
じゃ。どれくらいの期間待てばいいのかというと、およそ2~3ヶ月。もしも、手術の痕が落ち着く前に妊娠してしまうと、傷口が裂けてしまうという恐ろしい結末が待ってます。


「 2~3ヶ月かぁ、性欲が収まらないないなぁ 」

いえ、もちろん、カップル同士で仲良く(セックス)するのはOKですよ。
妊娠してはいけないだけ。きちんと避妊さえすれば、いいのです。

ただしこの場合、避妊そのものが曲者。このブログでも何度も言ってますよね?
100%を達成している完全な避妊法はどこにも存在しません・・・って。


愛情いっぱい仲良くするのは、結構なこと。
ですが、避妊率を高める努力は怠らないこと。
避妊率を向上せせるなら、複数の避妊法を同時に行うjこと。

膣外射精は、避妊法としては”まやかし”ですが、それ以外の女性主導避妊(ピル・マイルーラ等)に、コンドームなどの避妊具をプラスすれば、確実性はかなり増します。

また、IUD(リング)も有効です。

術後の癒着を防ぐために、一時的に挿入するケースもあるので一石二鳥といえますね。経過が安定すれば、リングは外します。ただし、この外す一瞬がかなり痛いらしいとか。これを選択するのは、医者に相談して決めましょう。

避妊注射という選択肢もありますが、こちらは術後の身体には負担が大きすぎるので避けるべきでしょうね。

挿入なしで仲良くするテクもあるでしょうから、いろいろ試してむてくださいね。


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

妊娠したくない その理由とは?  [避妊の方法]

■ 既婚であってもも 妊娠はしたくない


そういった女性はいくらでもいます。
事情は、それぞれですね。

 まだ学生。
 定職についてない。
 給料が安い。
 夫がやさしくない。
 借金がたくさんある。
 まだまだ遊びたい。
 忙しくて子育てなんてできない。
 子供なんて大嫌い。
 育てる自信がない。
 もう子供が何人もいる。
 高齢になのでもう子育てができない


やはり、経済的にユトリがないというのは大きなブレーキになるようです。お金があれば、時間も生まれるので、子供を育てる余裕ができるものです。

すでに子供がいる人は、これ以上子供を増やしたくないと思うかもしれません。かつて子供というのは、家の将来を背負う存在でした。だからある程度、先行投資という考えが成立してたんです。世の中が停滞気味の現代は、子供が幸せに自立するかどうかが不安です。

そうした親の不安を見て育つ子供は、生まれながらに不安定さを抱えているのかもしれません。
避妊の重要性は、そこにあります。

妊娠してから堕ろすなんてとんでもない。
お金がかかるし、なによりも女性本人の心身への負担がとんでもなく大きい。
中絶するくらいなら、初めからセックスなんしなければいい。

それができないから、避妊があるわけです。


 コンドームか?
 ピルか?


二者択一なら、ピルの方に軍配が上がります。しかしもしも、コンドームを選ぶなら、アフターピルを用意しておきたいものです。

いわゆる、オギノ式とか膣外射精(外だし)を選ぶなら、アフターピルの準備は絶対です。そもそも、オギノ式はもともと妊娠のための計算方法です。膣外射精なんていう乱暴なやり方は、避妊法ですらありません。


アフターピルとは「事後の避妊」です。
緊急避妊とも言われてますが、避妊が失敗したときに、72時間以内に服用するピルのこと。

アフターピルの重要性については↓こちらの記事↓を読んでください。
あれから1週間。避妊は可能?
緊急避妊薬(モーニングアフターピル)「ノルレボ」について
緊急避妊と、3日より前に準備するピル


都合やライフスタイル、経済的事情など、妊娠したくない理由は多いでしょう。
それだけに、避妊には細心の準備がいるかと思います。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

よくある避妊用語の一覧です  [避妊について]

よく使われる避妊用語を一覧にしました。



○ IUS(アイユーエス)
子宮内システム(Intrauterine Contraceptive System)の略称。子宮の中に入れる小さな器具で、黄体ホルモンを放出するタイプです。子宮に挿入することで、最長5年間避妊ができます。

○ IUD(アイユーディー)
子宮内避妊用具(Intrauterine Contraceptive Devide)の略称。避妊の目的で子宮内に入れる小さな器具です。避妊効果を高めるために、銅がついているタイプも。子宮への挿入で、2~5年間避妊ができます。

○ 陰茎
膣に挿入するための男性の生殖器官。

○ エストロゲン
卵胞ホルモンのこと

○ 黄体化ホルモン(LH)
脳下垂体から分泌されるホルモン。排卵の前に分泌され、卵巣で成熟した卵胞を刺激して排卵を促します。卵胞刺激ホルモンをあわせて「性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)」と呼ばれます。

○ OC(オーシー)
一般にはピル(低用量ピル)とも呼ばれている低用量経口避妊薬のこと(Oral Contraceptiveの略)。成分に、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含んでます。さまざまな種類があり、日本における服用には、医師の処方せんが必要。

○ 黄体ホルモン
プロゲステロンのことで、卵巣から分泌される女性ホルモンです。子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整える働きがあります。


○ 基礎体温
体の機能が一番静かな状態の体温のこと。一般には、目覚めた直後の体温。眠りから覚めたとき、起き上がらずに測ります。通常は、舌下タイプでメモリの細かい婦人体温計を使用します。

○ 緊急避妊法
望まない妊娠を防ぐために、女性が性交後に妊娠を防ぐ方法。よくあるのは、避妊に失敗したり、避妊がなされなかった性交やレイプなどの対処。

○ 禁欲
セックスしないこと。

○ 月経(生理)
女性の子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外へ排出されること。およそひと月に1回(25~38日の周期)で起こることから「月経」と呼ばれてます。期間は約3~7日の日数が正常といわれます。

○ 月経周期
月経の始まった日から、次の月経が始まる日まで。正常な月経周期とされる日数は、25~38日間です。

○ コンドーム
精子が腟内に侵入するのを防ぐ目的で、男性の性器にかぶせるゴム製などの袋。性感染症予防にも有効です。

○ 殺精子剤
精子を殺したり、動かないようにする薬品のこと。セックスの前に腟内に挿入します。

○ 視床下部
脳にある、ホルモンを調節する器官のことで、数々のホルモン(性腺刺激ホルモン、放出ホルモンなど)を分泌してます。ほかにも、体温調節、本能行動(食べる、飲む、睡眠、性行動など)、情緒行動(怒り、不安など)のコントロールも。

○ 子宮
女性の生殖器のことです。上部は卵管、下部は腟につながっていて、妊娠した時に胎児を約10ヶ月育てる器官でもあります。

○ 子宮頸管
精子が通りやすいように粘液を分泌する、子宮下部にある器官のこと。

○ 初経
初めての月経のこと。日本人の初経の平均年齢は12歳とされます。9歳以下での初経は「早発月経」、16歳以上は「遅発月経」と言われてます。

○ 初潮
初経のことです。

○ 人工妊娠中絶
人口的に妊娠の過程を中断してしまう手術のこと。一般に「中絶」と呼ばれます。

○ 受精卵
精子と卵子が結合することを受精といいます。その、受精後の卵子のこと。

○ 精管
男性の生殖器官のこと。精巣上体と前立腺内の射精管の間を結ぶ、およそ5cmほどの長さの管です。

○ 性感染症(STD)
性行為によって、皮膚や粘膜を通して感染する病気の総称。淋病や梅毒、それにエイズなどが知られてます。

○ 精子
男性の生殖細胞のこと。長さは、約0.05~0.07mmで、丸い頭部(核)・中間部・尾部からなります。その造詣はオタマジャクシに例えられます。射精によって卵管にたどりつき、卵子と結合して受精卵になる。

○ 精巣(睾丸)
男性の生殖器のこと。左右の陰のう(いんのう)に1個ずつ存在する卵型の器官。陰茎とセットで生殖器です。精子や主要な男性ホルモンであるテストステロンを作ります。

○ 精巣上体(副睾丸)
男性の生殖器官です。精巣から送られてきた精子はここで成熟し、運動性を得る。

○ 精嚢
男性の生殖器官です。主に精液を分泌する。

○ 生理
月経の日常用語になります。女性の生理的な現象という意味から「生理」と呼ばれてます。

○ 生理周期
月経周期のことです。

○ 前立腺
男性の生殖器官。精子の運動性を高めるための液体を分泌します。

○ 腟
女性器の一部です。子宮と外陰部をつなぐ約8~9cmの管です。

○ 腟外射精
射精の直前に男性の性器を腟から抜いて、腟の外に射精すること。避妊方法の一つになりますが、効果は薄いです。

○ 脳下垂体
脳の中心部にある内分泌器官です。視床下部から分泌されたホルモンの刺激を受け、多くのホルモンを分泌します。

○ 排卵
成熟した卵胞が刺激され、卵子を排出することです。

○ 排卵日
月経周期の中で、排卵がおこる日のことを言います。

○ 避妊
薬や用具、器具や手術などによって、妊娠を防ぐことです。

○ 避妊手術
避妊方法の一つです。卵子や精子の通路を遮断することで妊娠を防ぐ手術。

○ ピル
卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含んだ薬のこと。排卵を抑制して、主として避妊の効果をもちます。

○ 不正出血
月経以外で、子宮や腟から出血することをいいます。

○ プロゲステロン
黄体ホルモンのことです。

○ ペッサリー
女性用の避妊具です。精子が腟内に侵入するのを防ぐため、腟に装着するゴム製などのキャップのこと。

○ 卵子
卵巣でつくられる女性の生殖細胞のこと。精子と結合すると受精卵となります。

○ 卵巣
親指大の大きさの女性の生殖器。卵子を作り出す機能を持ちます。卵胞ホルモンと黄体ホルモンを分泌する役割もあります。

○ 卵管
子宮の左右に伸びる長さ7~15cmの細い管のこと。卵胞から飛び出した卵子が子宮に移動する通路であり、この途中で精子と卵子が出会って受精となります

○ 卵胞ホルモン
エストロゲンのことです。主に卵巣から分泌される女性ホルモンで、子宮内膜を増殖させて厚くする働きがあります。

○ 卵胞刺激ホルモン(FSH)
性腺刺激ホルモンの一種です。卵巣に働きかけ、ホルモンの分泌を促して、卵胞を成熟させます。




いかがですか?
まだまだ、足りない言葉もありますが、気が向いたときに追加していきます。

タグ:避妊用語
トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
妊娠中絶 費用 手術 産婦人科 人工 中絶薬 中絶病院
IDU 薬物添加IUS ミレーナ 避妊 避妊 失敗 避妊方法 避妊具 ピル プラノバール 避妊薬 リング 避妊手術 緊急避妊 ルナベル 花田美恵子 江戸時代 排卵日 避妊しない 避妊しない男 避妊率 ソフィアa 低用量ピル 基礎体温 避妊ゼリー 五輪 避妊 避妊器具 避妊手術 犬 危険日風疹 予防接種 40代 プラノバール 避妊の仕方 花魁 避妊治療 夫婦 高校生 避妊 周期 避妊 確率 ゴム 避妊用ピル 確実な避妊 男性 昔 女性 女性の避妊 産婦人科 避妊のススメ 夫婦生活 避妊してくれない 避妊したのに妊娠 昔の避妊 避妊とは 更年期 カトリック 正しい避妊 トイプードル 江戸時代の避妊 プレマリン 市販 事後避妊 避妊パッチ 風疹 風疹ワクチン 低用量ピル ソトガスキ 英語 おおかみこどもの雨と雪 避妊 ネコ 避妊 排卵検査薬 避妊 平安時代 避妊 避妊薬 ピル 避妊日 子宮頸がん 避妊 アメリカ 子猫 選手村 費用 iud 排卵日 計算 中学生 避妊しない彼氏 麻疹 予防接種 避妊ジェル 女郎 道具 避妊 時期 コーラ
スプレッドが低いFX会社