So-net無料ブログ作成
検索選択
画像 人気避妊記事7
1☆ ペッサリーの使い方と入手方法
2☆ 「避妊リング」装着の痛み
3☆ 女性用避妊具
4★ 自分1人で避妊リングって本当?
5★ 避妊フィルムマイルーラ 上手な使い方

● 避妊はいつまですれば? ●  薬物添加IUSミレーナ ●

妊娠してしまったら 女の病気 中絶 きんきゅうひにんぴる 婦人の病気 妊娠するには 効果 妊娠の方法 婦人 病気 妊娠しやすい薬 妊娠しやすくな 方法 生理日 こんドーム コン ドーム 女性の医学 妊娠する方法 女の医学 にんしん 安全日 女の生理 生理日予想 生理日予測 月経日予測 妊娠のしかた にんしん危険日 安全日 予測 生理日予測サイト 妊娠する日 じょせいのからだ 危険日とは いつ 安全日に妊娠 妊娠危険日予測 女性のカラダ 子供 できやすい

中期中絶の時期とリスク  [人口中絶]

では、続いて中期の中絶についてお話します


■ 中期中絶

12週0日を過ぎてから行う中絶手術が「中期中絶」です。
「手術」と言う表現がされてますが、初期中絶とは異なって、手術はしません。

人工的な陣痛を起こして、お産のように産みおろす中絶方法になるのです。それなりに育っている胎児を取り出すのですから、子宮頚管をしっかり拡げておく必要があります。そのために、初期中絶よりも前処置が大変になります。

中絶に要す時間は、陣痛しだい。
陣痛の訪れが早ければ、中絶は1日で終わります。陣痛がなかなか来ないと2日でも3日でも待たなければいけません。中絶したは、子宮の戻り具合などを確認してから退院します。強制的な出産ですので、こうした処置は、普通のお産と同じです。

入院から退院までを合わせた日数は、4~5日に及ぶこともあります。
手術に伴うリスクは次のようなものがあります。

■中期中絶のリスク ・子宮頚管裂傷 ・子宮破裂(陣痛が強すぎた場合) ・子宮の収縮不全などによる多量出血 ・子宮内感染 ・中絶手術と妊娠への影響・不妊症との関係


「初期中絶」なら手術が終われば終了でした。
「中期」の場合はこれで終わりません。

 ・中絶後は胎児の火葬の手配が必要
 ・死産証明書を役所に提出する


さて、中絶で心配になるのが、その後の妊娠についてです。
手術の際に何らかのトラブルがあった場合は、それが原因で妊娠しにくくなることがあります。

例えば、術後に子宮内感染を起こして子宮の壁同士がくっついてしまう「アッシャーマン症候群」になった場合、着床が難しくなるので不妊症につながります。着床時にベッドになる部分を「子宮内膜」というのですが、中絶手術を何度も繰り返していると、この子宮内膜が薄くなってしまい、着床障害の原因となります。

もちろん、中絶手術を行ったからといって、必ず妊娠しにくくなるわけではありません。安全にきちんとした手術を受けていれば、妊娠への影響はありません。


中絶手術をしなければいけないようなことになる前に、ピルや子宮内避妊具で確実な避妊を行うことが大切です。どうしても中絶しなければいけなくなってしまった時は、同じ失敗を何度も繰り返すことのないよう、今後の避妊方法についてしっかりと考えるようにしましょう。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

女子のためのカンタン避妊 エンケア  [避妊薬]

■ 女性用避妊座薬 エンケア


日本において、日常的に手に入る避妊具は、コンドームに限定されます。
ペッサリーもピルも、コンビニでは買えないし、かつてドラッグストアで売っていたマイルーラも、いまは、輸入しかありません。特に女性にとっての、避妊というハードルは、男性の数倍は高いのが実情です。

エンケアという、手ごろな避妊アイテムがあるのですが、これも店頭では買えません。
ただ、マイルーラと同様に、海外からネット経由で購入することはできます。

少々割高なんですが、彼がコンドームを嫌がるなら、「エンケアっていう、のがあるそうだよ」、そっと教えてあげましょう。

あなたのために、その程度の出費を嫌がる彼なら、直ぐにでも分かれたほうが懸命です。


さて。

タイトルに「座薬」と書きましたが、もちろん座薬ではありません。
膣の中に挿れて使用します。マイルーラのように、中で解けるのです。

殺精子剤の一種ですね。


「殺精子剤」の「殺」という文字にドキッとしますが、殺虫剤のような危険なシロモノではありません。


殺精子剤というのは、女性の膣内の奥、子宮口のところまで薬剤を挿入して使うものです。女性を愛撫して膣内に湧き出てきた愛液で殺精子剤が溶解するのですが、充分に溶けてから、セックスをするから、「膣内で射精しても妊娠しないよ~」という、避妊方法です。

精子が死ぬ原理を大雑把にいえば、殺菌と呼吸困難を同時にさせているようなもの。成分的に、石鹸の泡のようなものに精子を包んで呼吸が出来なくする。精子は単純な細胞なので、そのような成分で、子宮孔をバリアしてしまえば、死んでしまいます。

精子は、子宮に届く前に全滅してしまうので、妊娠の心配がなくなるというわけです。

もちろん、完璧ではあります。
正しく使わないと、妊娠リスクが高まるのです。

まず、初心者が失敗しがちなのが「位置」。子宮孔の近くに、配置するのがベストなんですが、奥に入れることが難し(恥ずかし)く、膣の浅い位置に置いてしまうのです。入り口近くだと、溶けたときにカンタンに外に出やすくなります。

精子が登場したときには、後の祭り。すべて流れ去ってしまっては、意味がありません。


また、愛液で溶かして使うものなので、濡れ方によって左右されます。
残念ながら、「あまり濡れないんだ」という女性は、溶け方が悪くなります。「よく濡れるの」という女性であっても、愛撫があまり上手くない男性とのセックスは、濡れ方が悪くなります。

どちらの場合も、膣内に入れた薬が溶けないまま残ってしまうので、妊娠のリスクが高くなります。


以上、避妊フィルムやエンケアの使い方とリスクでした。
エンケアについては、機会があれば、直接商品を購入できるようにします。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

緊急避妊と、3日より前に準備するピル  [避妊薬]

避妊に失敗したら、ネットで検索するよりも、産婦人科に駆け込むほうが速いでしょう。あなたが、いまそのような状態なら、すぐに読むのをやめて、最寄の病院へ行ってください。


では、本題にはいります。


以前、すこしだけ触れた緊急避妊について。
今回は、もうすこし掘り下げてお話しますね。

セックスしたからといって、100%妊娠するとは限りません。
限りませんが、妊娠の可能性はあるわけです。

また、避妊をしてもかならず成功すると限りません。
限りませんが、避妊をしないよりは、妊娠しにくいです。


どの避妊方法を選んでも完璧ではないのですが、避妊をしないセックスよりかは、妊娠の確率がグンと下がるのは当たりまえですね?

避妊をしてたものの、それがうまくいかないケース。
代表格といえるのが、コンドーム事故でしょう。


「 コンドームが・・・破てた! 」

・・・よく聞きませんか?


避妊が失敗したとき、またはレイプなどの妊娠の可能性のある事故に巻き込まれたとき。こんなときに、妊娠を防止する方法が、緊急避妊です。緊急避妊とは、一般的にピルを飲むことを意味します。「子宮内避妊具」を使用することもあるといいますが、実際に行った話は、あまり聞きません。

緊急避妊に使うピルは、「緊急避妊ピル」と呼ばれます。
そのまんまですね。ちなみにアフターピルとも言いますね。

使われるピルの中身はなんでしょうか?
緊急避妊ピルの中身は、黄体ホルモンを成分とした薬剤です。

黄体ホルモンというのは、妊娠を維持させるのに必要なホルモンの総称です。ふつう、低用量ピルには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。エストロゲンは排卵をうながすホルモンで、美肌など女性らしさをサポートします。黄体ホルモンはプロゲステロンともいい、子宮の内膜に働きかけて、受精、妊娠の準備をします。

「緊急」の付くピルといっても、中身はほかのピルと同じだということです。


■ 中身は同じなのに、どうして、緊急避妊ができるのでしょうか?


一度に、2錠飲むことで、普通のピルの効果を集約します。

妊娠が成立するには、受精卵が子宮内膜に着床する必要があります。ピルを飲むことで、「排卵を抑制」か「受精を妨げ」て、着床を邪魔すると考えられています。なので、着床してしまうと(妊娠が成立した場合には)、緊急避妊ピルは効かなくなるので、そこに間に合わせなければなりません。

「排卵を抑制」か「受精を妨げ」。どちらに効くかは、状況によって異なってます。あなたの月経周期のどの時期に、緊急避妊ピルが服用されたかで、効く場面が変わるのです。どちらにしても、妊娠しなければ成功です。

飲みなれない薬を口にするのは不安かもしれませんが、ほとんどの女性にとっては、有効で安全な方法です。


■ いつまでに緊急避妊ピルを服用すればいいのでしょう

緊急避妊法のタイムリミットはは、無防備なセックスが行われたときから、数日以内。着床の前にピルが効かなければいけないので、時間との勝負になります。2錠飲みますが、最初の1錠は、無防備なセックスが行われた72時間以内(3日以内)に服用しなければなりません。

緊急避妊ピルは妊娠を防止しますが、100%確実かというと、そうではありません。
正しく使用した場合でも、妊娠を防止できないこともあります。

失敗する確率は、およそ2%。

2%ということは、50回に1回は失敗する計算です。継続してピルを飲んでいる場合の失敗率は0.1%でした。それに比べると、失敗率が高いことが分かります。

セックスの度に緊急避妊ピルを飲むほうが、ピルを毎日飲むよりも、金額的に安上がりです。しかし妊娠確率のリスクは高い。リスクかお金か。両方を天秤にかけて、よく考えてください。

副作用もありますが、個人によって異なります。
緊急避妊ピルを飲むと、一時的に気持ち悪くなったりする場合もあります。



緊急避妊ピルとして、今回は、ポスティノアを紹介します。


ポスティノア(Postinor)は、性交渉後に服用するアフタータイプの製品です。通常ピルを代用したものではありません。初めから「緊急用」として開発・製造されているピルです。これを2錠飲むわけです。







■ 飲み方は?

最初の1錠を服用します。その12時間後に、次の1錠服用します。
それだけです。

注意点は、2錠の服用時間の間隔を、決して12時間以上あけないこと。
間隔をあけすぎると、避妊の効き目がなくなります。


ところで。
 緊急避妊ピルは、72時間以内に飲まないと効かない

しかし。
 この製品は海外からの個人輸入品なので、間に合わない。


ポスティノアに限らず、ピルは海外からの個人輸入です。ほとんどは注文から到着まで10日ほどの日数がかかります。避妊の失敗が分かってから注文しても遅いのです。


避妊に失敗したら、AMAZONで注文するよりも、産婦人科に駆け込むほうが速いでしょう。あなたが、いまそのような状態なら、読むのをすぐにやめて、最寄の病院へ行ってください。


そうでなくて、時間のゆとりがあるのなら、
いつでも、手元においておいておいてください。
心の不安が一つ消えるでしょう。


クリック↓
えっ もしかして妊娠?!緊急避妊薬 アフターピル【ポスティノア 2錠(1回分)】



トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

基礎体温法で避妊するやり方  [避妊の方法]

女性の体調周期を測定することで、妊娠しやすい・妊娠しにくい日を特定することができます。
それが、基礎体温法です


基礎体温は、毎朝布団から出る前に測ります。できるだけ同じ時間に測定しますが、しっかり睡眠をとった後(4~5時間以上)ならば問題はありません。

基礎体温とは、最低限のエネルギーしか使っていないときの体温のこと。正確には寝ているときに計るのですが、個人では無理ですね? そこで、睡眠状態に一番近い、目を覚ましたときに測るのです。

口の中の同じ場所に基礎体温計を入れて指定された時間(2~5分程度)で検温します。結果はノートに書き込んで行き、病気や寝不足などがあったときなども備考として書き込みます。


測定は毎日続けるのですが、けっこう、微妙な変動が生じます。ほんの微かなことであっても、基礎体温に変化が現れてしまいます。体調の変化や気温、身体が冷えている、口を開けて寝ていたといった程度でさえ影響がでるのです。つけ始めの頃は、1日ごとの微妙な変化に気をもむかも知れません。「排卵や黄体機能のトラブルかも」と神経質になる人もいます

少々、体温がぶれても気にすることはありません。大事なポイントは高温期と低温期が、全体としてわかれてるということです。


■ 排卵日がわかる
基礎体温をつければ排卵日がわかります。低温期から高温期に変わるとき、体温がグンと低くなる日があります。排卵日は、その日から、上がり始めの3日くらいの間訪れます。
もちろん個人差があります。あなただけの排卵タイミングを知るために、毎日毎月記録していくのです。

■ 生理が分かる
基礎体温をつけることで、生理日を予測できます。排卵後に高温期が2週間続いた後、体温が下がり始めると生理が来ます。

■ 妊娠がわかる
基礎体温をつけることで妊娠もわかります。高温期が続いて体温が下がらず、その高い状態が2週間以上継続したときは、妊娠していると思ってくださいね。



基礎体温表


AMAZONで一番人気の基礎体温計

テルモ 電子体温計 WOMAN℃


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

避妊効果のある食べ物  [避妊の方法]

■ 避妊効果のある食べ物


避妊方法には、いろいろあります。
コンドーム、ピル、基礎体温、IUD、手術……

しかしこの中には、食べ物が含まれていません。
妊婦さんが流産しないよう、お腹を冷やさない食べ物については、タブー視されているものがあります。

「秋茄子は嫁に食わすな」

これは、旬の美味しいナスを食べさせるのはもいったいないという「嫁いびり」の言に思えますが、ナスを東洋医学で体温を下げやすいとされてます。美味しい茄子がたっぷり収穫できる時期に、嫁が食べ過ぎて流産しては大変。心配する、着父母の心を投影した慣用句と言われてます。

そんなわけで、お腹を冷やすと流産しやすいのだから、ナスを食べれば避妊になる・・・・というのは短絡的すぎますね。


実は、避妊効果のあるのはナスではなく豆です。
昔、実際に行われた調査があります。

それは、大麦とグリーンピースを主食としているチベット人の人口調査。チベット人は約200年もの間、人口が増えるわけでもなく減るわけでもなく、ほぼ一定の人口のレベルを保っていたそうです。そこで、グリーンピースになんらかの人口増加制御効果(避妊効果)があるんじゃないの? そういう研究がありました。

結果、実際に、グリーンピースに含まれるキシロヒドロキノンという物質には、避妊作用があることが判明ラットを使った実験でエサに30%のグリーンピースを混ぜたところ、妊娠しないことを確認したそうです。

さらには、このキシロヒドロキンを女性に投与したところ、妊娠が50~60%にまで激減。試しに行った男性への投与でも精子が半減することがわかりました。

「うし、実用化できるぞ!」

そう言ったかどうか定かではありませんが、それと前後してピルが登場。98%以上の避妊率を誇る薬の登場で、研究は不要になったそうです。



豆つながりで、大豆を食べることも、避妊に一役買うことがわかってます。

大豆イソフラボンが健康にも美容にも良く、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。この大豆イソフラボンには避妊効果があります。女性ホルモンを活発にするために、妊娠に適切な状態から行き過ぎてしまうのが理由です。

身体は正常で妊娠できる状態のときに、イソフラボンがプラスされると正常が過剰になってしまい、環境が崩れてしまうのです。もちろん、ピルのように高い避妊になるわけではないのですが、妊娠しにくい環境を作り出してしまう点で、薄めの避妊効果があると考えられます。


グリーンピースと大豆。
どちらの食べ物も、妊娠しにくい状態を生み出しますが、完全に頼れる完璧さには遠いようです。


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

避妊はいつまですればいいの?  [避妊について]

■ 避妊はいつまで?
 

避妊事情は、年代や立場によって、異なるものです。
経済的な都合があったり、カップルによって避妊方法も違いますが、年齢を重ねても避妊が必要というのは、それだけアツアツな関係でいる証拠。いくつになっても、仲良くすごしていきたいものですね。

そこで今回は、避妊の方法ではなく、終了のタイミングについてお話します。
避妊はいつまで必要なのでしょうか?

人間は、その気さえあれば、いくつになってもセックスが可能です。もちろん、男女双方ともに、それを受け入れる状態にあることが条件です。

閉経するということは、卵子が排出が終わったということ。普通、避妊をしなくてもいいということは、女性の生理が終了したことをいいます。

「妊娠する可能性は無くなったのだから、避妊しないでセックスしてもいい」

そのように判断するのは当然でしょう。
しかし、「閉経したから妊娠しない」 というのは絶対ではないようです。


これは知り合いのお友達に聞いたお話です。

50歳で生理が来なくなったので、セックスでの避妊をやめました。ところが、52歳の時に体に変化が表れました。「おかしいな」と、ずっと様子を見ていたのですが、じつはそれが妊娠だったそうです。発覚したときには、もう遅く、中絶の時期を越えていました。仕方なくそのまま産んだそうです。53歳での出産・育児は大変どころでないようです。

年齢が高くなると、生理不順の頻度が高くなる人がいます。生理が来ない月が、変則的に起こるのです。

「3ヶ月きてない。もう閉経かな」

そのまま、閉経となることもありますが、また始まったりすろこともあります。
そうした中での、避妊は面倒です。いつまで、避妊を続けなければいけないでしょう。


■ 閉経とは、排卵が終わったということ

一応、43歳以上で最終月経から1年経っても生理がなければ「閉経」とされています。

国際産婦人科連盟では、月経が乱れてから閉経になるまでの期間を「更年期」としています。正しくは、「更年期とは性的成熟状態から、卵巣機能が完全に消失するまでの期間」です。最近の日本の女性ならば、42歳ころから56歳ころのまでの5年間ですね。

「閉経です」という確定診断を下せるような検査方法はありません。採血してFSH、LH、E2のホルモン値を調べて「閉経でしょう」という基準はあります。



■ 閉経後の妊娠

閉経したのに妊娠するのは、「セックスによってホルモンが刺激され、止まっていた生理が再開した」のではありません。閉経したと思っていたけれど、それが間違っていたということです。

生理が終了してから、半年くらいで、また生理が起こったという話はよくあります。これは、再始動ではなく、終了していなかっただけです。排卵障害が起こっていて「無排卵」の状態だったということです。

判断を慌てると問題が生まれます。中高年の堕胎が意外と多いのは、閉経だと思い込むこと。避妊しないで妊娠するというパターンです。

判断期間は「1年間」が目安とされています。
最終的な生理から、最低1年の間は、避妊を続けてください。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

避妊手術のメリットデメリット  [避妊の方法]

■ 男女の避妊手術


避妊の方法はいくつもありますが、その究極の方法というと、やはり「手術」になるでしょうね。

避妊手術とは、避妊の目的で生殖器に施す手術のこと。男性が受ける手術と、女性が受ける手術とがあり、とうぜん方法が異なります。

避妊手術は、高い避妊率が期待できますが、完全無欠の100%というわけではありません。しかも、一度手術を受けると元の状態には戻しにくいというデメリットもあります。そういうことから、本当に手術が必要かどうかについては、よくよく考慮しなければなりません。


■ 男性の避妊手術

男性の場合は、精管と止めるのが目的となります。精管とは、精子の通り道となる管のこと。ここを塞いでしまえば、射精がなくなり妊娠しないというわけです。精管を糸で結んで塞ぐいだり、切断(パイプカット)するといった手術があります。


■ 女性の避妊手術

女性の避妊手術は、卵管を止めることに主眼がおかれます。卵管は、卵子の通り道となる管なので、ここを塞いげば精子が到達せず、妊娠しなくなるというものです。卵管を糸で結んだりくくったりして塞ぐ方法や、切断する方法があります。



■ 避妊手術の費用と避妊率は

避妊手術はそれなりのお金がかかります。一般的には 約30万円前後。

これだけのお金を出しても、完璧ではありません。くくったはずの卵管から精子が侵入したり、カットしたはずの精管から、精子が滲み出したり。
 
避妊の失敗率は、約0.1~0.5%くらいはあるのです。


大きなメリットは、継続性。一度おこなえば生涯にわたって避妊が可能です。その一方、生殖機能を復元することは、不可能ではないもののけっこう困難。生涯子どもを持つことを望まない人や、子どもを産み終えた女性やそのパートナー向けの避妊といえます。

また、あくまでも「避妊」を防ぐものなので、感染対策を考慮するときには、ちゃんとコンドームが必要です。

メリットばかりでなくデメリットもあるということです。
それをよく理解したうえで、慎重に選択して下さい。


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

自分でできる避妊リングがあるって本当?  [女性用避妊具]

避妊といえば、コンドームかピルがイメージされますね。

コンドームは、男性主体の避妊。
感触が損なわれることから、嫌がる男性が多いという大きな弱点がありいます。避妊率そのものも、決して高いとはいえません。避妊アイテムではあるものの、むしろ感染症対策としての有能さが取りざたされてます。

いっぽうのピルは、女性主体の避妊法。
毎日、欠かさず飲むことで、避妊ができるのです。デメリットは飲み忘れる可能性があること。毎日必ず飲むことで効果があるものなので、一度の飲み忘れもアウト。「几帳面さ」に自信の無い人は、他の避妊と併用することをオススメします。

ピルを正式に入手しようとすれば、婦人科で処方してもらうことになってますが、いまは、ネットの「海外取り寄せ」というシステムでカンタンに購入可能です。


避妊率はピルの方が断然高いですが、どちらとも、長短あるのは否めません。
そこで、ピルを飲まなくても、ピル並みの避妊率をほこるのが・・・

      IUD(避妊リング)

IUDは、膣の中に器具を入れて避妊する方法です。婦人科で処置してもらわないといけませんが、避妊期間がとっても長いというメリットがあります。一度の装着で、2~5年の間、ずっと避妊可能です。ズボラやルーズに自信のある人にとって、打ってつけの避妊といえますね。

ただし、デメリットもあります。


さっきも言ったように、病院へ行かないとならない点。
そして、保険が適用できないので、価格が高いという点。
人によっては、装着や外すときに、かなりの痛みを伴う点。

この3つです

料金ですが、病院によっては、80,000円もかかると言いますから、便利さと出費を天秤にかけて、メリットが大きい判断した人が使っているようです。

そんなIUDですが、実は、もっと手近に使えるタイプもあるのです。


■ カンタンIUD いよいよ上陸?



Nuvaringって、知ってますか?
IUD(避妊リング)の一種で、「ヌーバリング」と読みます。

海外ではすでに一般的なようで、ドイツでは主婦などがIUD(nuvaring)の話しを普通にしているようです。そんなことから、日本人の女性も、海外赴任中に使っているようですが、日本では認可されていないので、入手できません。

ヌーバリングが、なぜカンタンなのかというと、IUDのクセに、病院へ行く必用がありません。わざわざ処置してもらわなくても、膣に自分で挿入できるのです。それでいながら、ピルのように避妊の効果が持続します。毎日飲む必要も無いのが、とても便利です。


どういう仕組みなのかでしょうか?

ヌーバリングは、膣内で低用量のホルモンを持続的に放出、妊娠を防ようになってます。正しく使用すれば、98%効果的であるといわれてます。装着後など、膣内での違和感もありません。

ただし、普通のIUDと違うのは期限が短いこと。
装着後、3週間ほどで避妊効果が消滅します。その後、1週間空けてから新しいのを挿入します。つまり、月に1回は、入れなおす必用があるということです。

使用する頻度みてみれば、コンドームはその都度だし、ピルは毎日です。
「ヌーバリング」は月に1度だけなので、面倒くさがりな人に向いてるといえますね。


 ↓もっと詳しく↓


避妊リング・ヌーバリング(Nuvaring)
(口コミもあります)


トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

30代から40代以上の避妊について  [避妊について]

30代から40代以上の避妊について。

年齢と男女の関係によって、避妊の方法も変化します。10代(犯罪?)や20代であれば、コンドームやゼリーがメインでしょうが、薬事法の影響で、ゼリーの入手は困難となりました。若くて、お金のない男女の避妊は、現実的にはコンドームか膣外射精しかないようです。


ざっと、避妊方法を分類します。


● 一時的方法

 膣外射精
 コンドーム(男性・女性)
 避妊ゼリー
 避妊フィルム
 ペッサリー


● 中期的方法

 IUD(子宮内避妊器具)
 避妊薬
 卵管結紮(らんかんけっさつ)

● 永久的方法

 卵管結紮
 パイプカット


大人の避妊方法としては、「避妊薬(ピル)」がスマートでしょう。毎日飲みつづける必要はありますが、性病の心配のない方が相手であれば、コンドームを使わなくていいので、満足感は高くなります。


家庭に子供がいて、「もうこれ以上はつくらない」と決めたのなら、避妊の方法は広がります。仲の良い夫婦なら、IUDや、卵管結紮、それにパイプカットなどもいいかもしれません。

IUDは、子宮の中に器具を入れる避妊です。受精卵の着床を阻むので、妊娠しにくくなります。一度装着すれば、数年にわたり避妊が可能です。出産経験があって、「しばらく子供はいいや」という女性に適しています。

卵管結紮は、「卵管を縛ってしまう」という避妊です。子供を出産したあと、その入院中に手術するようです。お腹を切りさいて、卵管を取り出して結ぶという流れです。「卵管を縛る」と言いましたが、縛る以外の方法もあります。

 クリップで留める
 電気メスで焼く

手術の費用は病院によってマチマチ。帝王切開の場合なら、少し安くなるとか。卵管結紮で卵管を縛った場合、後から元に戻せるといいます。

パイプカットは、男性側の避妊手術です。精子が、外に飛び出さないように、射精のパイプを切断する手術です。カット後は、安心感からでしょうか、性欲が増すといわれます。これについては、もうちょっと調べたいと思います。



最後に。。。

2012年の8月。最近になって、Q1という物質が発見されました。精子をつくる際に働くタンパク質を邪魔する作用があって、雄のマウスに投与すると精子の数が大幅に減って動きが鈍くなり、雌を妊娠させる能力がなくなるそうです。男性用の避妊薬開発に役立ちそうですが、実現は、まだまだ先の話のようです。



トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

使える最新避妊と、お金のこと  [避妊の方法]

■ 完璧な避妊ってあるの?


これがいい、それは嫌だ、やりたいけど面倒、お金がかかる・・・・
生活やライフスタイルにかかわることから、避妊でもめるカップルは多いものです。

高確率の避妊はあっても、「完璧な避妊」は存在しません。
コンドームや基礎体温方法でさえ、それなりに避妊できてしまうので、お金をかけたくないと思ってしまう気持ちは、よくわかります。

そうは言っても、無計画な妊娠出産は悲劇の元。無駄楽なSEXよりも計画的な避妊です。

最新の避妊といえば、ICチップやインプラント、パッチ、ベイサルジェルなどですね。

一番実現が近いのが、ベイサルジェル。精管にゲル状ポリマーを注入して射精を制御します。カットしないパイプカットと言われますね。

避妊に頭を悩ませている側からみれば「最新避妊」はありがたいのですが、出費には限度があります。費用対効果で考えると、やはりピルかコンドームを選択せざるを得ません。

その中にあって、わりと現実的なのはマイルーラとヌーバリング。
このサイトでも推している、女性主体の便利なグッズです。


・マイルーラ

マイルーラは、避妊フィルムとも呼ばれる薄いオブラートのような形状をしています。これを4~8つ折りにたたんて膣の中に挿入します。挿入後、3分ほどでゼリー状に溶け出し、避妊ゼリーと同じ効果をもたらすのです。
最近では避妊ゼリー自体の、入手が難しいですが、マイルーラはネット取り寄せ(米国)の形で購入可能です

画像 マイルーラ


・ヌーバリング

ヌーバリングはIUDの一種で、子宮内に挿入し、受精卵の着床を防ぐ避妊具です。定着させることが難しいとか挿入後に子宮内の毛細血管をいためるといったリスクがあります。IUDには銅を使用しているものと使用していないものの2種類があります。銅を使用しているIUDの避妊成功率は約99%で、銅を使用していないIUDの避妊成功率は約80%と言われます。ピルと違って飲み忘れの心配がありません。メリットと天秤にかけて選ぶべきです。

通常は、婦人科でセットしてもらうのですが、自分でもてきるようになっているのが、ヌーバリング。
欧米ではそれなりに認知されており、実用面での信頼があります。

画像 ヌーバリング避妊リング・ヌーバリング(Nuvaring)





ところで、かつて「プロントコンドーム」とい1秒で装着できるスキンがあったそうですが、どこへ消えたのでしょう???




トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
妊娠中絶 費用 手術 産婦人科 人工 中絶薬 中絶病院
IDU 薬物添加IUS ミレーナ 避妊 避妊 失敗 避妊方法 避妊具 ピル プラノバール 避妊薬 リング 避妊手術 緊急避妊 ルナベル 花田美恵子 江戸時代 排卵日 避妊しない 避妊しない男 避妊率 ソフィアa 低用量ピル 基礎体温 避妊ゼリー 五輪 避妊 避妊器具 避妊手術 犬 危険日風疹 予防接種 40代 プラノバール 避妊の仕方 花魁 避妊治療 夫婦 高校生 避妊 周期 避妊 確率 ゴム 避妊用ピル 確実な避妊 男性 昔 女性 女性の避妊 産婦人科 避妊のススメ 夫婦生活 避妊してくれない 避妊したのに妊娠 昔の避妊 避妊とは 更年期 カトリック 正しい避妊 トイプードル 江戸時代の避妊 プレマリン 市販 事後避妊 避妊パッチ 風疹 風疹ワクチン 低用量ピル ソトガスキ 英語 おおかみこどもの雨と雪 避妊 ネコ 避妊 排卵検査薬 避妊 平安時代 避妊 避妊薬 ピル 避妊日 子宮頸がん 避妊 アメリカ 子猫 選手村 費用 iud 排卵日 計算 中学生 避妊しない彼氏 麻疹 予防接種 避妊ジェル 女郎 道具 避妊 時期 コーラ
スプレッドが低いFX会社