So-net無料ブログ作成
検索選択
画像 人気避妊記事7
1☆ ペッサリーの使い方と入手方法
2☆ 「避妊リング」装着の痛み
3☆ 女性用避妊具
4★ 自分1人で避妊リングって本当?
5★ 避妊フィルムマイルーラ 上手な使い方

● 避妊はいつまですれば? ●  薬物添加IUSミレーナ ●

妊娠してしまったら 女の病気 中絶 きんきゅうひにんぴる 婦人の病気 妊娠するには 効果 妊娠の方法 婦人 病気 妊娠しやすい薬 妊娠しやすくな 方法 生理日 こんドーム コン ドーム 女性の医学 妊娠する方法 女の医学 にんしん 安全日 女の生理 生理日予想 生理日予測 月経日予測 妊娠のしかた にんしん危険日 安全日 予測 生理日予測サイト 妊娠する日 じょせいのからだ 危険日とは いつ 安全日に妊娠 妊娠危険日予測 女性のカラダ 子供 できやすい

砂糖の過剰摂取ha,  [避妊の方法]

■ 砂糖の過剰摂取がもたらす健康被害とは?


「糖分」この文字にどきりとする人は少なくないはず。
メタボの最中の戒めか、それとも、ダイエット失敗の胸の痛みか。

何にしても、健康に関するブログでは、マイナスイメージを持つのが普通です。

でも、砂糖の摂りすぎは本当に身体に悪いのでしょうか?

一見、当たり前ともいえる常識に対して疑問を呈した人がいます。しかも、自らの身体をかけて挑みその過程をまとめ上げて映画にしてしまったというから、その行動力に驚いてしまいます。
 その映画のタイトルは?

『 あまくない砂糖の話 』


この映画は、オーストラリア史上最高の動員記録を達成しています。あくまで自国製のドキュメンタリーとしてですが、評判と話題は十分ですね。

映画の内容が着になりますよね?


俳優で監督のデイモン・ガモーは、恋人の妊娠で、生まれてくる子供を健康で元気に育てたいと考えていました。ある日、オーストラリアではひとりで1日平均スプーン40杯分の砂糖を摂取しているという驚愕の事実を知ります。本当だとすれば、それだけの砂糖を食べても本当に健康には影響がないのか。彼は疑問に思います。
確かに糖分は健康に悪いという。しかし、砂糖をめぐる是非論はあまりに多様すぎて本当のところは誰にも分かりません。「それならば」と、自らが被験者になって砂糖を食べ続け、自分の身体にどんな影響が出るのか人体実験を敢行することにしたのです。


・砂糖だけで体重も増加、生活習慣病へまっしぐら

実験の設定はいたって簡単です。

 ①一日にティースプーン40杯分の砂糖(160g)を消費すること。
 ②効果を見るために、ソフトドリンクやアイスクリーム、チョコレートなどのお菓子の類は避ける。
 ③低脂肪ヨーグルトやシリアルなどの「実は砂糖が多い食品」から摂る。
 ④必ず「低脂肪」の食品を選ぶ。
 ⑤ジョギングや筋トレなどの運動習慣は続ける。

この5項目です。多いといえば多い、少ないといえば少ない設定です。

要は、スーパーなどで売っている健康的な食品のみで、オーストラリア人の平均的な砂糖摂取量スプーン40杯分(約160g)を再現したわけというです。実験開始と同時に、医師、栄養士、食の専門家などの専門スタッフをそろえ身体の変化をモニタリング始めます。ちなみにカロリーのほうは、オーストラリア成人男性の平均摂取量にあたる1日2300カロリーを維持してます。このカロリーは、ガモーのそれまでの生活でも続けていたカロリー数値です。


・実験で身体に何が起こったのか?

結果だけを言ってしまえばこのようになりました

 体重が8.5キロ増加
 腹囲も10センチ増
 肝機能が悪化して脂肪肝にクラスチェンジ
 中性脂肪の値は1,5倍に増加

さらに付け加えるなら、2型糖尿病の初期症状と診断されるまでとなってます。

実験開始から35日目ぐらいでは、気分的な落ち込みややる気が出ないなどの精神的な症状も現れています。そんな状態にもかかわらず、「甘いものがまた食べたくなる」という中毒症状がおこってます。

実体験映画としては、『スーパーサイズ・ミー』が有名ですね。1日に3回、30日間、マクドナルドのファストフードだけを食べ続けたらどうなるかを記録した作品でした。このときは、設定自体がそもそも不健康だったので体調が低下したのは、予想された帰結でした。

ところが今回の映画は、肥満が社会的な問題となっているオーストラリアでの一般的な食生活を再現したに過ぎません。にもかかわらず、誰もが予想しなかった健康被害を浮き彫りにしたのです。


オーストラリア栄養士協会はこの映画に関して弁明しています。

『砂糖は悪者ではありません。でもオーストラリアで砂糖を取り過ぎているのは事実です。オーストラリア人は砂糖が多く含まれている食品の摂取は押さえるべき。その意味でこの映画は参考になります』

オーストラリアの心臓財団も言ってます。

『われわれは常に、健康的な食事生活を送る上では、砂糖含有量の高い食品を制限することを推奨しています。果物やミルクの中にも、天然の糖は入っています。そのこということを認識してほしい』


自然に撮るのはそれほど問題はないと、でも、砂糖のみの摂取は危険。手段があまりにも生活から離れすぎて、実験験にはならなかったようですね。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
妊娠中絶 費用 手術 産婦人科 人工 中絶薬 中絶病院
IDU 薬物添加IUS ミレーナ 避妊 避妊 失敗 避妊方法 避妊具 ピル プラノバール 避妊薬 リング 避妊手術 緊急避妊 ルナベル 花田美恵子 江戸時代 排卵日 避妊しない 避妊しない男 避妊率 ソフィアa 低用量ピル 基礎体温 避妊ゼリー 五輪 避妊 避妊器具 避妊手術 犬 危険日風疹 予防接種 40代 プラノバール 避妊の仕方 花魁 避妊治療 夫婦 高校生 避妊 周期 避妊 確率 ゴム 避妊用ピル 確実な避妊 男性 昔 女性 女性の避妊 産婦人科 避妊のススメ 夫婦生活 避妊してくれない 避妊したのに妊娠 昔の避妊 避妊とは 更年期 カトリック 正しい避妊 トイプードル 江戸時代の避妊 プレマリン 市販 事後避妊 避妊パッチ 風疹 風疹ワクチン 低用量ピル ソトガスキ 英語 おおかみこどもの雨と雪 避妊 ネコ 避妊 排卵検査薬 避妊 平安時代 避妊 避妊薬 ピル 避妊日 子宮頸がん 避妊 アメリカ 子猫 選手村 費用 iud 排卵日 計算 中学生 避妊しない彼氏 麻疹 予防接種 避妊ジェル 女郎 道具 避妊 時期 コーラ
スプレッドが低いFX会社